1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い 10月8日~】...

ホロスコープ歳時記

2020.10.08 更新 ツイート

【東洋二十四節気 星占い 10月8日~】「寒露」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、10月8日から始まる寒露の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

※連載特別企画として、小池先生による人生相談も受け付けております。詳しくは「ホロスコープ歳時記 お悩み募集」フォームからご応募ください(Googleフォームを利用しています)。

 

*   *   *

 

東洋暦の10月が始まる「寒露」の時期

初候 10月8日~12日
鴻雁来る(こうがん きたる)

次候 10月12日~17日
菊花開く(きくのはな ひらく)

末候 10月18日~22日
蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)

 

太陽が天秤座15度に進み、これを東洋二十四節気では『寒露』と称します。

ここから月の干支は「丙戌」(ひのえいぬ)となり、東洋暦では10月が始まります。

この期間の天空の星のイベントは、17日に起こる天秤座の新月です。

天秤座はとてもフェミニンな星座とされていますから、このあたりから秋冬の本格的なオシャレ・シーズン到来です。

天秤座とはゼウスとテーミスの間に生まれた正義の女神・アストライアーがその守護神とされております。

 

ギリシャ神話で描かれた「天秤座」の世界

 

昔々、人間は神々と共に暮らしておりました。

ところが、人間が悪い事ばかりするようになったので、神々は、呆れ果てて、天上へと帰っていってしまいました。

ところが、アストライアーだけは人間の善の部分を信じて、最後まで残ったそうです。

しかし人間が戦いに明け暮れるようになると、善悪の軽重を計る天秤を持って天界に去ってしまいました。

それが乙女星となり乙女座に、天秤の部分が天秤座になったとされております。

ですから、この時期は優しさと慈愛に満ちているかのよう、まさしく博愛主義が強くなる期間となるのです。

しかし、最後には善悪の軽重が計られると言う、現実的な面も持ち合わせます。

日本では、最も気候の良い時期とされ、野山は色づき、渡り鳥も見かけるようになります。

そして新米や新蕎麦がでて来ます。

初物を縁起物とした江戸文化の名残で、現在も新そばなどは、まさにこの季節の売り物であります。

 

 

 

そば挽くや祖谷は最も水の秋……楠本憲吉

 

1988年に没した 私の思う一番ダンディーな俳人、楠本憲吉。

そのいい男が、四国山中の平家の落人集落の祖谷(いや)にて、蕎麦を食しながら詠んだといわれる句。

清らかな水と、清らかな空気感が なんともいえない名句だと勝手に思っております。

凛とした空気、そばの角張った切り口、それを食する姿勢。

まさに、晩秋の気配が漂ってまいります。

そんな晩秋の各節気の運気はいかに!?

 

二十四節気星占いでみる、10月8日~の運勢

 

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

仕事や家事に幸運が宿る時となります。日常的なことをしっかりとこなしてゆく事で思わぬ発見や、探し物に出くわすことがあるようです。仕事上の新たな有益情報を得たり、お掃除中に失くしていた価値あるものを見つけたりして、金運が向上する暗示が強くなる時であります。さらに、それが大きな何かに繋がってゆく可能性を秘めています。

特に18日前後は断捨離が有効な時です。この期間は、やってくる幸運というよりも、自ら進んで宝を探す姿勢が開運の鍵となってゆくのです。あなたの積極的な行動にこそ、幸運が宿る時期です。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

この期間の幸運の鍵は人間関係の中にあります。これまでの対人関係を見直してゆくのにも良い時です。相手を変える事は難しいので、あなたの対応の仕方を変えてみる、いわば試行期間だとお考え下さい。

特に17日の新月あたりから、あらたな対人関係を結ぶ人が出現しそうです。それまでに対人態度を見直しておくことが、新しい道を開かせる事になります。そして、社会的な評価も上昇基調にあるこの時期、多少のプレッシャーはあるものの、未知の人とも知り合うことが更なる運気の向上を約束してくれます。焦らずにじっくりと関係を見直してゆきましょう。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

この時期の一番のテーマは、人間関係です。特に一対一の相棒的な関係や、パートナーとの関係性において課題が見え始めてきます。勿論、順調な関係は続いてゆきますが、更なる深化のための方策を模索してゆく時なのです。

特に14日から今月いっぱいくらいまでは、試行錯誤に適した期間となりますので、一対一で向き合う相手に思いを馳せてみてください。必ずや良き未来が見えてくるはずです。そして二番目の課題は、恋愛やホビーなど、楽しい気持ちになれることにもしっかり力を入れること。楽しむことでそれに連動して金運も上昇するという、素晴らしい期間に入ったのです。

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

何となく心の奥のモヤモヤ感がぬぐえないときかもしれません。これは、あなたご自身に起因するものではなく、星のちょっとしたイレギュラーな動きの関係ですので、あまりお気になさらずに。

15日あたりからは楽しい事に目が行くようになり、仕事までもが楽しいものになって行きます。17日の新月はまさに仕事運の切り替えのタイミングです。勿論これから良くなってゆくという時ですので、積極的に取り組むと更に楽しく、業績も大幅にアップいたします。そして周囲からの評価も再び高いものとなり、多くの賛同も得られてゆく事になるでしょう。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

何にも増して仕事が順調な時となります。またそのように仕向けてゆけば、かなりの実績も残せる時となりました。しかし、「好事魔多し」の例えどおり、調子の良いときにこそ身を引き締めてゆく必要があります。

ちょうど14日から、仕事のやり方やシステムの見直しには良い時期に入って行きますので、立ち止まって振り返ることが有効のようです。あなたの知的能力は相当に優れていますので、何が問題点かもすぐに見極められるタイミングであります。特に17日、18日は能力が発揮されやすい日ですから、この日に何かの照準を合わせるのも良いでしょう。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

恋に仕事に大きな盛り上がりのある期間となります。17日の新月は、新たなロマンスや人生の楽しみが始まるという強い暗示を伴うものであります。年に一度、あるかないかの良き日です。

何かの決心をするだけでも効果はある時なので、心にビジョンを描くだけで、きっと近未来の収穫に繋がると思います。その後は、仕事も順調に推移して行き、周囲の協力も得て大きな結果を残せるようになるでしょう。ここでは実績を大事にして、あまり評判を気にしない事。地位や名誉に拘ると反感を買ってしまいますから、謙虚な姿勢こそが後々の大きな評価となります。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

この期間の一番の強運は9日前後となります。しかし、あまり我を通してしまうと、周囲との摩擦も起こしかねませんので、ごくごく限られた気の合う仲間同士のリーダー的存在でいることが適しています。

また、恋愛やご自身の心が喜ぶものに縁がある時なので、プライベートな楽しみを優先してゆくほうが快適でしょう。気になる人に、何か簡単なメールなどを送るのも、良ききっかけとなります。大勢よりも仲間内、そしてプライベートな面における個人的な楽しみを追求してください。

13日、14日なども軽い連絡をとってみるのに有効な時です。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

この時期の一番のラッキーポイントは対人関係、パートナーシップにあります。ここ数ヶ月不調や行き違いが多かった状況が打破される時となりました。多くの障害となるものが霧散して行き、自信をもって人と接してゆくことが運気を高める鍵です。

17日の新月は、あなたの立場を明確にしてくれますから、それに伴って対人関係も新しくなっていきます。

今までと一味違う接し方などを考えてゆきましょう。思いのほかスムーズにどんな人とでも関われるようになるでしょう。先ずは目の前の人からはじめてみましょう。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

金運に良き流れが生まれる時です。そのためにもご自身の今置かれている状況を冷静に判断することが必要です。

このチャンスの日は14日前後の数日となりますから、狙いを定めて何かの計画を練るのも有効かと思われます。無理のない範囲で出来そうなことから堅実に遂行して行きましょう。ともすればあなたの計画は過大なものになりすぎてしまう傾向がありますが、ここでは現実重視がすべてにおいて幸運の鍵です。周囲からの毀誉褒貶もどこ吹く風と考えて、見栄に拘らないことが大切であります。

18日には足元を固めてゆくチャンスも廻ってきますので、ここでは外見よりも中身を充実してゆく心がけが吉となるでしょう。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

ここでの大きな課題は自信を取り戻すという事です。何かを失敗したわけではないのですが、今後の活躍の為に何が出来て、何が出来ないのかを、しっかりと確認してゆく時となります。出来ない事に無理して挑んでも良き結果は期待できないように、確実に出来る事ならば、それが自信の再構築になって行きます。

17日の新月は、そのような事を確認するにはもってこいのタイミングです。そうすることで一ヵ月後くらいには、相当にたくましい姿になっているはずです。全てを客観的、論理的に捉えてゆくことがこの期間の幸運の鍵となるでしょう。新月以降は金運も上昇傾向になって行くようで、期待できます。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

とても知的能力が冴える期間となります。しかし冴えれば冴えるほど、相反する考えの両方に納得してしまうので、何となく矛盾も生じてゆく時でもあります。

つまり、どちらを優先したら良いかという判断に迷ってしまう可能性が出てくるのです。

18日前後の決断が一番、結果は良さそうですので、このあたりでの判断を基準にお考えになると宜しいかと思います。気まぐれを打ち消してゆく為には、常に現実に即して考えてゆく事です。突拍子もないアイディアは斬新ですが永続性には欠けるものですから、あなたには似合いません。

この期間を経て、更に思考力は上昇いたしますので、現実路線で考える姿勢を貫いて吉であります。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

なかなか良い時に入ってきました。自由度が増して、楽しい事も自然と生まれてくる時期です。特に15日あたりからは、あなたの魅力が増して人気運も急上昇してゆく暗示となります。

そんな中で迎える17日の新月は、あなたの金運に大きな一歩を生じさせてくれそうです。勿論、何もしないでは何の収穫もありません。ここで言う金運とは天から降ってくるものではなく、ご自身で作り上げてゆく類の金運なのです。

ですから上手い話にはくれぐれもご注意を。ご自身で努力をしてゆくからこそ、周囲がそれを認めて、色々と堅実な仕事が持ち込まれるのです。お勤めでもルーチンをしっかりとこなす事で周囲から信頼を得られます。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

14日前後の数日は、あなたの魅力がとても輝く時となります。そのために金運までもが上昇傾向となる嬉しい日々です。思いもよらなかった人からの援助や協力も期待できますので、あなたの思い描いたとおりに進んで吉であります。

金運のヒントは18日19日にもたらされやすいので注意深く過ごしてください。誕生日前というのはアクシデントが起こりやすい時期なのですが、その心配も過ぎて、このころからは少しばかり行動範囲を広げても良さそうです。このところ疎遠となっていた方々と連絡をとり始めても良い時でしょう。新たな世界が拓かれてゆく暗示も充分にあります。あなたの得意な人間関係の橋渡し役も、大いに喜ばれそうです。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

 

まさにあなたの誕生日週間! おめでたいのですが、誕生日前の数日は目立った行動や無理は禁物の時です。誕生日までは無難にお過ごしください。

また、これまで色々と問題のあった住環境に改善が始まりました。これから順を追って更に良い方向に向かいます。この時期の一番の課題は対人関係、パートナーシップの調整という事です。相手の行動が気まぐれなので、それに振り回されてしまいそうです。勿論、原因は相手にあるのですが、それを責めると更にこじれてしまいますから、赤ん坊をあやすように見守ることが一番です。

17日の新月はあなたの許で形成されますので、生活のリニューアルには最適な時、あらたな環境でのスタートにはもってこいの時となります。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

とても理性的になっているときで、情念派のあなたにとっては珍しい期間です。しかし「智に働けば角が立つ」の例えどおり、あまり理屈をこね回しても周囲とは上手くいかないようです。と言ってあなたの強い情感をそのまま出したら、それも大変な事になりますので、ご自身で上手くバランスをとりながら、論理的な発言は思った半分以下に留めれば難はないと思います。

特に18日の発言には注意をしてください。ここが理屈をこねてしまうピーク。目の前の人が前言を翻したとしても微笑んでいられるような余裕を持っていれば、すべてはOKです。責める事をしないで、ただ黙認がこの期間の一番の処世であります。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

状況は大きく改善されてゆきます。まずは、日常の人間関係に活気が戻ってまいります。今まで阻害していた要因が霧散して行きますので、元の楽しい関係になれるでしょう。ただここで注意しなければならないのが、働き方やその方向性です。一度、立ち止まって見直しが有効な時です。色々な案を実際に試してゆく事に適した期間となりますので、仕事の組み立て方やシステムに関した改良を考えてゆきましょう。

17日の新月は、そんなあなたの心の奥底に、ある種の希望の光を灯す事になるようですので、ここでのひらめきは大事にしましょう。18日前後は恋する心が刺激されるようなことが起こりそう。ロマンスに期待がかかります。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

先ずは健康、体力についての見直しが必要な時であります。決して病を得るなどという事ではなく、単に体調の見直しが有効な時に入ったという事です。ジム通いや、ご自身で日課を作るなど体力増進に関する事を実行してみましょう。この期間は人気運もありますので色々なところに参加し始めても良いと思います。

ラッキーデーは19日、20日。普段は考えつかないようなアイディアが浮かびそうです。あなたは生まれつき高い創造性をもっていて、無から有を考えだす才があり、さらにその考えを形にしてゆく事が得意です。

維持して行くよりも、始めの土台を作る才覚に溢れ、今はその新機軸の打ち出しのときであります。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

10月初旬から射手座にしては稀な程の金運良好期に入ってきました。これは少なくとも数十年に一度の事であります。今年の春先にその兆しをお感じになられたかもしれませんが、それがここで実現の運びとなりそうです。そんな中で17日の新月は重要です。このあたりから新たな人間関係が形成されてゆく事になります。最初は金運とは連動はしませんが長期的には大きなメリットのある人間関係が築かれてゆきます。

そして18日あたりからは、ステータスの向上も期待できるときになります。実力以上の仕事のオファーなども考えられますが、必ずや引き受けましょう。ここで躊躇しては未来が開かれません。無理と思うことでも不眠不休の努力で遂行してゆく根性を持ちましょう。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

この期間は人付き合いを大切にすることが運気を盛大にする鍵となります。テレワークでも電話でもメールでも、小まめに連絡を取り合うことが、仕事においてもプライベートにおいても有効です。また、この時期は突然の恋が発生する可能性も高くなりますので、臨戦態勢でいて宜しいと思います。

18日あたりから周囲がとても賑やかになってまいります。その中から特に話の合う人がでてきそうです。実はこの数ヶ月、あなたには思いがけない出会いという暗示が続き、その中でも18日前後の数日は可能性が高まる時です。恋愛のみではなく人生における何らかの長期的な楽しみの出現も期待できる時期なのです。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

新たなステータスの獲得の時が始まりました。この期間はあなたの社会的な地位に大きな改善がなされようとしています。特に17日の新月あたりから、その暗示は強まって行きます。

9月末から10月初旬にかけて、あなたの運気は順当さを取り戻し、これから右肩上がりとなって行きます。稀に見る幸運期に突入していますから、積極的に打って出てゆく時です。仕事は勿論、プライベートにも大きな運気の高揚が見られ、人生全般の大きなボトムアップが始まるでしょう。そのためにもしっかりとした足元固めが必要です。身内から親しい周辺の人間関係まで気を配る事をお忘れなく。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

何となく理屈っぽくなってしまう傾向が強まりそうです。これはあなたの頭脳の回転が良すぎる為です。

人間関係においてはマイナス傾向となりますが、仕事上では有効に活用する事が可能ですから、論理的な組み立てには力を発揮します。企画書やプレゼンの構成にはもってこいの能力です。この期間はどうしても公私間の葛藤も生じてしまいそうですが、迷った時は社会的な立場を優先して良いと思います。プライベートはそのあとからでも調整は利きますからご心配なく。

18日は特に発言には注意が必要です。「策士、策に溺れる」の例えの如く、あまりに鋭い発言は、結局自分に還ってきてしまうことになりかねません。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

この数ヶ月、抱えていた苦手意識や不安が解消してゆく時となりました。問題が解決するという事もありますが、それらの問題が気にならなくなってくるということもあります。これは、この数ヶ月、あなたご自身が大きく成長をしたということの証です。

特に17日の新月は、あなたの自信が甦るタイミングで、このあたりから快進撃の始まりです。特に対人関係にも良いものがもどってきます。周囲から好意的な目を向けられるようになり、その影響であなたにも微笑が戻り、良き循環が始まるでしょう。唯一の懸念といえば仕事の進め方ですが、好調の波に乗りすぎて、少しばかり雑になる傾向となるので、丁寧さを心がけましょう。

 

魚座前半生まれ=雨水生まれ

この期間の運気を左右するのは、連絡のとり方、周囲とのコミュニュケーションといったものとなります。全てに平等均一という事はなかなか難しいものですので、気を遣う必要が生じます。情の入る余地はなさそうなのですが、それでも、それぞれの方に一言、何かを添える事が有効となる場合があります。

対人関係には恵まれた時ですが、不特定多数との関係性は慎重さと綿密さが必要となるのです。いっぽう、知的能力には素晴らしいキレがあり、技術面や能力面では不足は全くありませんから、それに何かのプラスαを付け加えられることが出来るかどうかが鍵となります。

17日と18日が幸運日で、あなたなりの何かを見つけられるかもしれません。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

周囲の人間関係があなたにプラスに展開してゆく幸運な期間となります。今まであなたに賛同していなかった人たちも、なぜか味方になってくる可能性が出てきました。勿論、見えないところであなたにエールを送っている人も沢山いますので、自信をもって行きましょう。

ただ一つ気がかりなのが経済面です。悪いという事ではありませんが、今までのやり方を見直してゆく時なのです。時代の流れが早まっている現在、その変化に対応してゆく為の見直しという事です。10月いっぱいはその好機でありますので、情報を集めて検討するのが有効のようです。全般的にはとても幸運な時期ですので、色々なチャレンジも良い結果を残す事になるでしょう。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP