1. Home
  2. 生き方
  3. フィンランドで暮らしてみた
  4. フィンランドの酔っ払いピクニック

フィンランドで暮らしてみた

2020.05.01 更新 ツイート

フィンランドの酔っ払いピクニック芹澤桂

ピクニックといえばサンドイッチや果物、水筒に入れた温かい紅茶、もしくは大人ならシャンパンを藤のカゴに入れて出かけ、芝生の上にレジャーシートを敷き、ぽかぽか陽気の中それらを食べるというものだと私は思っていた。

フィンランドのメーデー、現地語でヴァップ(vappu)は、ピクニックをするのだという。

もともとヴァップは春の訪れを祝う日だったというし、5月なら暖かい日もないことはないし楽しそうじゃない、と思っていた移住後1年目の私に、一通の警告メールが届いた。

在フィンランド日本大使館からで、そこにはざっくり要約するとこう書かれている。

「普段フィンランドの治安っていいけど、この日だけはみんな酔っ払って街に繰り出してハメ外すから気をつけてね!」

公式機関から酔っ払いに注意なんてメールをもらう日が来るとは予想だにしていなかった。

ピクニックだけでおおげさな、とメールを閉じかけて、ピクニックなのに酔うの? しかもハメ外すほど飲むってどういうこと? と混乱し始めた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

芹澤桂『ほんとはかわいくないフィンランド』

気づけばフィンランド人と結婚して、ヘルシンキで子どもまで産んでしまった。暮らしてみてわかっ た、ちゃっかり賢く、ざっくり楽しい、フィンランドの意外な一面。裸で大事な会議をしたり、いつで もどこでもソーセージを食べたり、人前で母乳をあげたり……。ちょっと不思議でなるほど納得。「か わいくない北欧」に笑いがこぼれる赤裸々エッセイ。

{ この記事をシェアする }

フィンランドで暮らしてみた

気づけばフィンランド人と結婚して、ヘルシンキに暮らしてた! しかも子どもまで産んだ!

日本人の大好きな「かわいい北欧」。でも、その実態は?

暮らしてみて初めてわかった、フィンランドのちゃっかり賢く、ざっくり楽しい、意外な一面。

ゆるゆるまったり、マイペースにご紹介。

バックナンバー

芹澤桂 小説家

1983年生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。2008年「ファディダディ・ストーカーズ」にて第2回パピルス新人賞特別賞を受賞しデビュー。ヘルシンキ在住。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP