1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気星占い 9月23日~10...

ホロスコープ歳時記

2019.09.23 更新 ツイート

【東洋二十四節気星占い 9月23日~10月7日】秋分の時期は高級志向を意識して小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。
昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、西洋の星占いと東洋の易をくみあわせた占術「青山五行」の創始者である著者が、本日9月23日から始まる「秋分」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

*   *   *

9月23日は秋分の日、そして「天秤座」のロマンチックな季節がスタート


太陽が天秤座に入ってゆくと同時に、東洋二十四節気では「秋分」の日となります。
1年の中でも何度とない、大事なターニングポイントですね。
夜と昼の長さが同じ秋分の日を境に、ここからはどんどん夜が長くなってゆきます。
 
二十四節気でいう秋分の期間は9月23日から15日間続きます。
歳時記では、その15日間を更に3区分して、秋分の初候・次候・末候と呼び、各5日間といたします。 
 
9月23日~9月27日=初候  
「雷乃ち声を収む(かみなりすなわちこえをおさむ)」・・・夏には盛んだった雷も秋が深まる頃には収まる
 
9月28日~10月2日=次侯 
「虫かくれて戸をふさぐ」・・・夏が終わって虫たちが冬ごもりの支度を始める

10月3日~10月7日=末候  
「水始めて涸る」・・・冬に向けて水がやせてかれ始める 

昔の人にとって、日本の季節の最小単位は5日だったのです。5日ごとに季節が深まっていく感覚をおわかりいただけるでしょうか。
この最小単位の5日間という感覚を、現代の私たちはもっと意識してもいいかもしれません。
運気のサイクルも5日くらいで移り変わっていくものです。

 

お彼岸におはぎを食べる本当の理由とは


また、秋分のこの時期が大切とされる、大きな理由に「お彼岸」があります。
秋分の23日の前後3日間をお彼岸といい、祖先のことを思う期間とされます。

春分と秋分は太陽が真東から出て真西に沈む、即ち仏教思想の西方浄土に太陽が沈むことから、この期間は浄土に思いを馳せるという、日本固有の習俗が生まれました。
 
この時に昔では普段、高級で食べられない小豆・砂糖といった貴重なもので、もち米を包んだ「おはぎ」が祝い食として食べられるようになりました。
他には秋刀魚、栗ご飯といったものも旬となります。
積極的に楽しむのがいいでしょう。

二十四節気星占いでみる、9月23日~の運勢

この、秋分の日からの15日間が天秤座の前半の期間と重なります。

太陽と金星が天秤座を行くこの時は全体的に非常にエレガントな雰囲気となるでしょう。
女性的な装いをして・フェミニンな雰囲気を漂わせることが、あなたの魅力を更に引き立てる期間となります。
カラーはオフホワイトやパステル系が幸運です。

この二十四節気星占いでは、12星座を前半・後半にわけて、あなたにぴったりの秋分の時期の過ごし方をお知らせします。
先ずは自分の誕生日が二十四節気のどこにあたるのか、下記でチェックしてみてください。

 

 

 

「春分」牡羊座・前半 (3.21~4.4生まれの方)

この時期は何と言っても、あなたの対人関係、パートナーシップが運命の重要な鍵となります。良きも悪しきも、全ては人との関わり次第なのです。特に火星が天秤座に入って行く10月4日はパートナーとの争いが起こりやすくなる傾向です。失ってはいけない人との縁を最優先して行く時となります。仕事運も金運も全ては対人関係にかかっております!

 

「清明」牡羊座・後半(4.5~4.19生まれの方)

対人関係が華やかな時となります。9月は少しばかり仕事はハードになりますが、それも誰かがサポートしてくれるようです。29日、30日は特にあなたの人気運が上昇していきます。10月3日からは自信もついてきて運気は万全となります。目の前の人を大事にしてゆくということをモットーにすることが、この時期の幸運の鍵となります! そこから多くの可能性が生まれてきます。

 

「穀雨」牡牛座・前半(4.20~5.4生まれの方)

この時期の課題はルーチンをしっかりとこなしてゆくことにあります。周囲の人よりも自分のほうが苦労しているという考えがよぎりがちですが、それはあなたの評価を上昇させるために必要なものなのです。10月4日以降はその傾向に拍車がかかりますが、弱音や愚痴は禁物であります。デートや友人との約束をたがえても仕事に邁進してゆくと全てがラッキーな展開となります。

 

「立夏」牡牛座・後半(5.5~5.20生まれの方)

9月中は、まだバカンス気分が抜けずに楽しい時であります。10月4日に火星が天秤座に入ってゆくと、あなたは仕事モードに切り替えざるを得なくなります。それも相当なハードワークを遂行して行くことになりますが、ここでの頑張りこそが大きな実績を残して行くことになりますから気を抜かないこと! そして仕事の人間関係の中から親しい人や恋しい人が出現する可能性がアップ!

 

「小満(しょうまん)」双子座・前半(5.21~6.5生まれの方)

あなたにとってはとても楽しく、過ごしやすい時の始まりであります。秋の恋愛シーズンがここでスタートしてゆきます。知的な会話があなたの売り物であるということを忘れずに! しかし、理屈っぽくなっては元も子もありませんので、多弁すぎないように! 10月4日に火星が天秤座に入ると恋愛モードが加速いたします。今年一番の楽しい時がやってきます。仕事より恋を優先してもOK!

 

「芒種(ぼうしゅ)」双子座・後半(6.6~6.20生まれの方)

9月中は家族を優先しがちになります。あなたにとっては、あまり活発ではない時のようですが、29日頃から様相は一変いたします。ここから急に興味を持てることや人に出会うことになる暗示が強まるのです。特に恋愛には良きシーズンとなってゆきます。恋愛から一つ上の段階に進んでゆく可能性も大いに出てまいります。仕事よりも個人的な楽しみを優先してゆくと、更に世界は広がりを見せます。

 

「夏至」蟹座・前半(6.21~7.6生まれの方)

家族を優先するか、社会的な交友関係を優先してゆくかといった悩ましい時期となっています。対人関係も緊張を含んでいますが、そちらに傾倒しすぎると家族間の不評を招くこととなりそうです。何らかの決断をするならば29日がラッキーデーとなります。ここから運気は好転に向かいます。新たな解決策も生まれますが10月4日、家族のプレッシャーが高まります。ここは表面的には従って吉!

 

「小暑」蟹座・後半(7.7~7.22生まれの方)

非常に情報伝達力に優れた時となりますから、多くの方と連絡をとったり、プレゼンなどを積極的に推し進めて良い時であります。これは9月いっぱいの暗示で、10月4日に火星が天秤座に入ってゆくと様相は一変いたします。ここからあなたの目線は周囲から自身の足元や立場へと移ってゆきます。ご自分の保身や家族との関係に多くの課題が持ち上がりそうです。そちらに気をとられても、今までの仕事の継続を忘れずに行くことが幸運の鍵となります。

 

「大暑」獅子座・前半(7.23~8.7生まれの方)

天秤座に入った守護星・太陽の影響を大きく受ける時です。これはあなたのコミュニケーション能力が上昇して行く暗示となります。多くの人との交流が幸運の鍵となる時期であります。知識の伝授や吸収能力も非常に高まっておりますから、何かのスキルの習得や資格試験を目指して何かを始めるには最適な時となるでしょう! 友情とパートナーシップを構築して行ける時、もちろん恋愛運も上昇中です。

 

「立秋」獅子座・後半(8.8~8.22生まれの方)

この時期の特筆事項は、やはり恋愛運であります。射手座の後半に入った木星の影響で、あなたの恋愛指数は相当に高くなっております。何も恋愛だけでなく、一般的な人気運も高値安定の時期ですから、仕事にもそれが生きてハードワークにも充分な支援や協力が得られるのです。10月3日、4日が恋愛の特異日となり、あなたの魅力も倍増となります! 一方、仕事面ではルーチンをしっかりとこなしてゆく姿勢が必要となる時期であります。

 

「処暑」乙女座・前半(8.23~9.7生まれの方)

23日から、あなたの意識は経済に向かいます。それは現在の収入=仕事の見直しだったりもします。労働と収入のバランスを考えてゆく時期でもあります。10月4日に火星が天秤座に入ってゆくと、その傾向は更に強くなります。同時に、あなたにとっては珍しく衝動買いの季節ともなります。コツコツ貯めて大きく散財という、乙女座の一面が強く出てくる時でもあるのです。恋愛運はこの時期は堅調です。従来の関係深化に努めましょう!

 

「白露」乙女座・後半(9.8~9.22生まれの方)

何となく焦燥感のある時期であります。これは乙女座後半度数にある火星の影響でエネルギーが豊富だからです。これを上手く利用して体力作りのトレーニングなどを始めるのもラッキー要素です。これは火星が天秤座に去る10月4日までのこと。そこからは、あなたの焦点は経済に移行してゆきます。趣味や恋愛は安定している期間ですので、お金のことをひたすら考えても良い時期なのではないでしょうか?

 

「秋分」天秤座・前半(9.23~10.7生まれの方)

先ずはHAPPY BIRTHDAY TO YOU!! 今年も太陽が天秤座前半=秋分にやってまいりました。あなたの人生もリセットされてゆく時です。現在、守護星・金星も天秤座にありますので、あなたの魅力は最高に輝きを放つ時となっております。周囲の人もそれを感じているはず。仕事でもプライベートでも人気運満載の時となります。普段は出かけないような所に出向き周囲の反応を確かめてみるのも良いでしょう! 29日、30日が人気運の特異日となります! ラッキーデー!!

 

「寒露」天秤座・後半(10.8~10.22生まれの方)

27日より、天秤座の守護星であるヴィーナスの星・金星が天秤座後半度数に入ってきます。これはあなたの出生時の太陽と重なる時期を表しますので、ここからあなたの本格的な開運が始まります。先ずはあなたご自身の魅力が輝く時となり、周囲の方々に影響を及ぼしてまいります。射手座17度の木星が、あなたの魅力を更に拡大して伝播してゆくのであります。水星も天秤座後半を行く時ですので知的な魅力も高まります。まさに才色兼備の時!特にラッキーデーは30日です。

 

「霜降(そうこう)」蠍座・前半(10.23~11.6生まれの方)

何となく内面を重視したくなる時のようです。外に目をやるよりは心の充実に努めたほうが実りが多き時のようです。それでも9月中は人との交流も盛んなようですが、10月に入ってゆくと、視点はやはり内面へと向かいそうです。ここで有効なものは、読書や何かの研究です。ここで心の容積を大きくしてゆくことが明日へと繋がります。それと苦手意識の克服ということもこの時期のテーマとなります。先ずは食わず嫌いから挑戦してみては?

 

「立冬」蠍座・後半(11.7~11.21生まれの方)

9月いっぱいは活発な運気であります。副守護星の火星が乙女座にあり、守護星の冥王星と良き角度にて進みますので、活力も充分です。しかし10月4日に火星が天秤座に入ると、このバランスが崩れて、積極性は薄れてゆきます。ここでは内面を整えることに力を使いましょう。知識の吸収や多岐な考え方の取り入れが、これからの良き糧となるはずです。秋の夜長の読書などは最高の時間の使い方となります。

 

「小雪」射手座・前半(11.22~12.6生まれの方)

太陽が天秤座に移りますと、あなたの社会的人間関係は大いに広がってゆきます。ここには金星もありますので、社会的な人気運も上昇して行くことになります。10月4日には火星も天秤座に入ってゆきますので、あなたの周囲には多くの好意的な人々が集まってくることになります。もちろん恋に発展する関係も生じやすくなります。今まで仕事に明け暮れた約一月あまり、ここから自由・スピード・変化という、射手座好みの展開になってゆきます。

 

「大雪」射手座・後半(12.7~12.21生まれの方)

守護星・木星は射手座後半を行くときでありますから、この時期のあなたは絶好調ということになります! 社会的な評価も高まった9月半ばの余勢をかって、ここでは多くの人と緊密な関係を構築する時となります。10月は人付き合いが多くなりすぎる傾向にあります。全てにイエスと答えているとご自身の時間が皆無になってしまうほどです! 特に10月3日と4日がこの期間のラッキーデーとなります。

 

「冬至」山羊座・前半(12.22~1.4生まれの方)

乙女座に入った太陽は、あなたの社会的ステータスを照らし始めます。そう、あなたの存在がひときわ輝く時となります。ここには金星もあるので、あなたにとっては恋の季節の始まりかもしれませんよ! 10月4日に火星も天秤座に入ってくると、仕事での忙しさは倍増してゆきます。自分の時間が持てないほどかもしれません。この期間のラッキーデーは10月5日、6日です。何かを決定するならば、まさにこのタイミングです。ただし無理押しは厳禁! 根回しをしっかりと!

 

「小寒」山羊座・後半(1.5~1.19生まれの方)

あなたが注目の的となるようです。9月29日に天秤座にて月と金星が重なり、あなたの魅力が周囲に伝播して人気運が高まってゆきます。金星は10月には天秤座後半度数を行きますから、この暗示はずっと継続ということになります。3日までは火星は乙女座にあり、あなたに自信と勇気を供給しています。これらを身につけて4日からは堂々と人前で話したりすること行動したりが開運の鍵となるのです。

 

「大寒」水瓶座・前半(1.20~2.3生まれの方)

天秤座に入った太陽は、あなたにダイレクトにエネルギーを供給してくれます。これが自信や、やる気の生成に繋がり、新たなことへの挑戦が始まります。更に29日の新月は、あなたに新たな人生観を与えてくれます! 10月4日になると火星も天秤座へと入りますので、その暗示は更に強くなり、多くのアイディアが頭の中に浮かんでゆきます。ポイントは奇抜さということ! 他との違いを恐れないことが幸運の鍵です!

 

「立春」水瓶座・後半(2.4~2.18生まれの方)

とても過ごしやすく、幸せを感じる期間となってゆきます。特に29日、30日がこの期間のラッキーデーとなります。金星が天秤座後半にあるこの時期は、意識しなくともあなたの魅力は輝きだすのです。知的な魅力も見た目の魅力も、これほど周囲に影響を与える時期はなかなかありません。あなたのちょっとしたしぐさにも周囲は息を呑みます。10月に入ってもその暗示は加速してゆきます。

 

「雨水」魚座・前半(2.19~3.5生まれの方)

太陽が天秤座に入ると、あなたの協力者や援助者が増えてくることになります。特に29日の新月は注意深くお過ごしください。周囲の人たちがあなたの役に立ちたいといったそぶりを見せるはずです。10月4日に火星も天秤座に入りますと、少し状況は荒っぽくなるかもしれません。強引にあなたを口説き落とそうとする人には要注意! デリケートなあなたにはノーブルな恋こそお似合いです。仕事での注目日は10月3日、4日となります。

 

「啓蟄」魚座・後半(3.6~3.20生まれの方)

現在、魚座の守護星・海王星は魚座16度にありますので、啓蟄生まれの魚座のあなたの運気は非常に高揚しております。10月3日までは火星が対向星座・乙女座にあるために何かと忙しかったり、摩擦があったりしますが10月4日には、それまでの敵が味方に変じてしまうような嬉しい状況となる暗示です。多くの人が協力してくれるこの時期、普段よりも甘えてしまいましょう! あなたのミステリアスな魅力を充分に発揮して!!

 


※編集部より

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、gplus@gentosha.co.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。
 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP