1. Home
  2. 暮らし術
  3. マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識
  4. 今さら聞けない!乳がん検診、何科で受ける...

マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識

2018.12.19 更新

今さら聞けない!乳がん検診、何科で受けるの?(第1話)佐藤俊彦

突然ですが、乳がん検診受けていますか?

近年、著名人が若くして乳がんで亡くなるケースが増えており、そのたびに早期発見の大切さや、検診の必要性がメディアに取り上げられています。
それなのに! 日本人の乳がん検診受診率は先進諸国の中で最低レベルといわれています。
「自分には関係ないから」「怖いから」そんな理由で、検診を先延ばしにしていませんか?

1月10日発売『マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識』からマンガを先行公開! 読み終わったら、検診のご予約を!

マンガ制作:ad-manga.com

■■オトナ女子’s POINT■■

乳がん検診は「乳腺科・乳腺外科」で受診

「女性特有の病気は、とりあえず婦人科に行けばOK」そんな風に考えている女性が多いようですが、婦人科の専門は子宮や卵巣です。乳房に関する場合は「乳腺科・乳腺外科」のあるクリニックや病院に行きましょう!

 

第2話は12月22日(土)公開予定です。

1月10日発売『マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識』ではマンガに加え、乳がんの基本知識から最新治療法までたっぷり、そしてわかりやすく解説しています!

ぜひご予約ください。

佐藤俊彦『マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識』

「11人に1人が乳がんになる」「早期発見で9割以上が治る」といわれながら、乳がん検診受診率が低すぎる日本人。
それは乳がんのことを知っているようで、よく知らないから―――。

検診を受けないなんてありえない!
“絶対に知っておいてほしい乳がんのすべて"をマンガでわかりやすく解説。

関連キーワード

関連書籍

佐藤俊彦『最新放射線治療でがんに勝つ サイバーナイフとトモセラピーが、がん治療を変える』

近年がん治療は格段の進歩を見せています。それでもなお、日本人の3人に1人ががんで亡くなっている現実があります。この現状の中で、本書では、放射線治療の本当の姿を明らかにし、新しい可能性について紹介しています。

佐藤俊彦『がんになった医者が書いた あなたのがんは「これ」で9割防げる がんはステージ0で見つけ、未病で治す』

最新「テロメスキャン」の技術は、血液中を流れる極小がん細胞を「見える化」する。 10万人を画像診断してきたプロ中のプロが教えます。切らずに治せる最強治療プランとは? 著者は30代の頃、MRIの実験中に偶然にもステージIIIの甲状腺がんが見つかりますが、その後すぐに手術を行い、一命を取り留めます。 そんな経験をした著者だからこそ伝えられる、早期検診、早期発見、早期治療の必要性。自分ががんになったとき、どうしたらいいのか? 選択すべき治療法は? 画像診断、免疫細胞療法、DCハイブリッド療法といった最先端のがん治療について解説しています。

{ この記事をシェアする }

マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識

2019年1月10日発売『マンガでわかる オトナ女子のための乳がん新常識』よりマンガ(全10話)を先行公開します。

バックナンバー

佐藤俊彦

1960年、福島県生まれ。福島県立医科大学卒業。同大学放射線科に入局し、日本医科大学付属第一病院放射線科助手、獨協医科大学病院放射線科助手、鷲谷病院副院長を経て、1997年に宇都宮セントラルクリニックを開院。2012年、野口記念インターナショナル画像診断クリニック(現医療法人NIDC)院長就任。医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック理事、セントラルメディカル俱楽部顧問医、メディカルリサーチ株式会社顧問、医療法人NIDC理事長。著書に『最新放射線治療でがんに勝つ サイバーナイフとトモセラピーが、がん治療を変える』(幻冬舎)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP