1. Home
  2. お知らせ
  3. 特別企画
  4. 【特別企画】川島永嗣インタビュー「成長す...

特別企画

2013.12.04 更新 ツイート

【特別企画】川島永嗣インタビュー「成長するために、一番大事なのはビジョン」 幻冬舎編集部

成長するために、一番大事なのはビジョン

 ベルギー・リエージュの待ち合わせ場所に現れた川島の腕にはG-SHOCKの新作が巻かれていた。最新作を使ってもらったうえで話を聞きたかったので、取材の一週間前、マネジャーさんを通じて渡したのだ。

「受け取った瞬間に、あ、今度の遠征につけていこうって思いました。G-SHOCKに関しては『昔すごく流行ったもの』、というイメージでしたが、それが今や世界的な定番ですからね。こっちでも外国の選手がつけています」

  実際、この取材直後の日本代表の遠征ではスカイコックピットを腕に巻く川島の姿があった。川島は10代の頃にファーストG-SHOCKを買ったそうだ。

「確か緑っぽいG-SHOCKだったと思う。それまでのG-SHOCKとはちょっと違うタイプだった。高校の時は、白いG-SHOCKとかBaby-Gとか流行りましたよね? みんな、好きな女の子にどんなG-SHOCKやBaby-Gをあげようかな、お揃いでつけようかなって、迷うんですよね(笑)」

 そう懐かしそうに振り返りながら、川島は続ける。

「撮影でつけたモデル(MT-G/MTG-S1000D-1AJF)はシルバーですけど、『G-
SHOCKらしさ』が損なわれずに進化していますよね。見た目が力強いし、つけた時の心強さも当然あるんです」

 らしさ、進化、心強さ。
 川島が強調した言葉はG-SHOCKと彼自身の共通項ではないだろうか。
 日本を代表するゴールキーパーとして、ベルギーの強豪スタンダール・リエージュで活躍している川島は、いかにしてプレイヤーとして成長するかを常に考えている。

「一番大事なのはビジョンです。チームとしても、個人としてもそう。自分がどうなりたいのかを思い描く。このくらい(の成長)でいいかなと思った時にはもう後退が始まります。例えば、現時点でイメージするのは(2014年にブラジルで行われる)ワールドカップでどのようなプレイヤーでありたいのか、大会が終わったあとにどういうプレイヤーになりたいのか。そういうビジョンを自分のなかで明確に持てるかどうか。それが自分自身のバージョンアップに必要なものだと思います」

 川島は、ヨーロッパに渡って4年目になる。その間、常にレギュラーGKとして活躍してきた。

「フォワードの選手だったら、5試合に出て1点か2点取れば評価されるし、よいクラブからお呼びがかかることもある。一方、キーパーって信頼のポジションなんです。ある試合でキーパーが大活躍したからといって評価が上がり、どこかのチームから『あのGKを獲得したい!』と声がかかることもない。所属チームがどれだけやっているのか、そのキーパー自身が常々どれだけの成績を残しているか、というのが評価の基本ですよね。それは自分がヨーロッパに来てみて強く感じました」
 

全文は発売中の『ゲーテ特別編集 PREMIUM G-SHOCK 1983-2013--』をご覧ください。

川島永嗣 EIJI KAWASHIMA
1983年3月20日生まれ。埼玉県出身。ポジションはゴールキーパー。浦和東高校から大宮アルディージャに加入。その後、名古屋グランパス、川崎フロンターレを経て、ベルギーのリールセへ。2012年にベルギー屈指の名門スタンダール・リエージュへ移籍。不動の守護神として活躍している。
http://www.eiji-kawashima.com/

Text=Yusuke Mimura、Goethe
Photograph=Shinji Minegishi
Styling=Masahide Takeuchi

(『ゲーテ特別編集 PREMIUM G-SHOCK 1983-2013--』より)

 

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP