美しい人は、何を食べ、何を食べないのか? 2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントとして世界一の美女を育ててきた著者による、食事のルールを文庫化さればかりの『世界一の美女になるダイエット』からご紹介。美女たちが実践するのは、賢くしっかり食べること。美の土台を作るための秘訣をご覧ください。

 原材料に注目することが大事だと、前項でも述べました。しかし、原材料表を見ても、その成分が何を表しているのかまったくわからないことも多いですね。買ってはいけない食材を紹介した本やサイトも多くあるので、調べてみるのもいいでしょう。しかし、新しい食材、添加されるケミカルな成分が次々に登場する日本では、覚えておくのも大変です。パンでもお菓子でも、日本では味や食感、見た目にも気を配られた商品が作られています。

 判断に迷う状況をうまく乗り切るための、シンプルな原則があります。それは、あなたのおばあちゃんが知らないような成分が入っているものは、口にしないということ。カタカナで記された原料は、糖類や人工甘味料、トランス脂肪、化学合成調味料や保存料、香料、酸化防止剤など身体によくないものであることが多いのです。

 私が食べるものの大切さを知るきっかけとなったのは、15歳で留学生として大分に滞在したときでした。ホストファミリーのおばあちゃんが作ってくれる昔ながらの和食を食べていたら、肌や身体の調子がとてもよくなったのです。ですから、おばあちゃんが知らないような成分は美しさに必要がないはず。美しくなるためには、原材料表の記載品目が少なく、昔ながらの伝統的な食材を選ぶよう心掛けましょう。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

エリカ・アンギャル『世界一の美女になるダイエット』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


エリカ・アンギャル『自信という最上のドレスの手に入れ方』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


エリカ・アンギャル『30日で生まれ変わる美女ダイエット』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


エリカ・アンギャル『世界一の美女になるダイエットバイブル』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)