毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.05

幻冬舎文庫 冬の読書フェア
高良健吾氏撮影秘話!「実は……」

幻冬舎文庫 冬の読書フェア <br />高良健吾氏撮影秘話!「実は……」

いよいよ寒くなって参りました。『冬の読書フェア』の季節です! さて、夏のフェアでは少年のように爽やかだった高良さんでしたが、今回は一転、冬が似合う、「大人の高良さん」となりました。冬の空気のようにキリっと素敵な表情ですが、実は……5月に撮影したのでした。

外は初夏、中は冬。

撮影は、夏のフェアの後にすぐ行われました。Tシャツ&短パン、スニーカーの爽やかなスタイルから、今度は黒が大人っぽい落ち着いたスタイルに。ヘアスタイルも変わって、ぐっと大人になった高良さんに、スタッフも大興奮です。女性スタッフが多いもので、ついつい、「かっこいい〜」なんて声が上がってしまうのですが、その度にまた、「いえいえ」とはにかむ高良さんは、やっぱり爽やかでした。

「最近ちゃんと読んでますか?」がキャッチコピーの冬のフェア。高良さんは相変わらずの読書家で、カメラチェックなど時間が空いたら、撮影用の文庫本を、静かに読み始めます。そんな高良さんを見ていると、つくづく、読書をしている人の姿って綺麗だなぁと思います。

遠くから高良さんを覗き見。

もちろん高良さんはもともととっても素敵なのですが、きっと、道行くおじさんも、忙しいお母さんも、教室のあの子も気になるあの人も、まさにこの記事を読んでくださっているあなたも、みんなみんな読書をする姿というのは、素敵なのだと断言できます。クリスマス、お正月と、何かとイベントの多い冬ですが、だからこそ、帰省の移動時間中、こたつでくつろぎ中、お正月のテレビに飽きた時など、新しい年を迎え、始まるこの季節に、あらためて、ちゃんと読書してみるのは、いかがでしょうか。

撮影の合間は読書タイム。


春、夏、そして冬と、2015年の幻冬舎文庫を盛り上げてくださった、高良健吾さん。書店員さんたちから「かっこいい!」「知的で素敵!」「たくさん飾りたい!」「幻冬舎文庫のイメージが変わりました!」など嬉しいお言葉たくさんいただきました。また、実際に書店さんでは毎回大展開をして盛り上げてくださいました。
名残惜しい気持ちで、最後のカットを獲り終わった後、「おつかれさまでした!」と挨拶するスタッフたちに、笑顔で「楽しかったです。来年も(キャラクター)したいくらいです」なんて言ってくださる、とても優しく爽やかな高良健吾さんでした。
高良健吾さん、一年間、本当にありがとうございました。

「幻冬舎文庫の春まつり」の高良さん

「心を運ぶ名作100。」の高良さん


冬本番。今年の冬は、どんな本に出会えるでしょうか。
みなさまの素敵な出会いのお手伝いができますように。


今回の撮影は、撮影:Yayioi Sawadaさん、アートディレクター:山本知香子さん、スタイリング:猪塚慶太さん、ヘアメイク:竹下フミさんにお願いしました。1年間、ありがとうございました!

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!