毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.04.25

劇団ひとりの「映画のつくり方」

第1回 劇団ひとり、物語を切り貼りする

第1回 劇団ひとり、物語を切り貼りする

人生に絶望した売れないマジシャンが突如40年前にタイムスリップ、若き日の父と母に会い、それまで知らされていなかった真実を知る――。
5月24日公開の『青天の霹靂』は、劇団ひとりが2010 年に書き下ろした同名小説を、ひとり自身がメガホンをとって映画化した初めての監督作だ。芸人として多くのコント台本を書き、自ら演じてきたひとりは、初めて手がける映画づくりにどう取り組んだのか全3回で迫る。第1回目の今回は、大胆な脚色の理由や編集の裏話を聞いてみた。
                   (聞き手・構成:稲田豊史/写真・菊岡俊子)

第2回の記事:劇団ひとり、演出する
最終回(第3回)の記事:劇団ひとり、映画づくりに没頭する
 

自らの書き下ろし原作を大幅に脚色

――映画を観て、プロットが原作からものすごく変わっていることに驚きました。映画化を踏まえて書き下ろした作品なのに、なぜここまで変えたんですか。

劇団ひとり(以下、ひとり) 改めて読み返すと、あんまり面白くないなあと思う部分が結構ありまして(笑)。このあたり、原作者に気を遣わずどんどん変えていけるのが、自分原作のいいところですね。真面目な話をすると、自分の文章力ではどうしても表現できないモチーフの描写を執筆時に諦めていたことは大きいです。

――そのシーンを映画で復活させたと。

劇団ひとりさん2作目の小説であり、初の長編小説が原作。

ひとり はい。たとえばペーパーローズ(マジックで使う紙で作ったバラ)。四谷のマジックバーで、紙でできた花が宙を舞うのを見てえらく感動しまして、小説を書くきっかけにもなったマジックなんですが、当時の僕の文章力では、あの美しさを到底表現できなかったんですよ。

――映画ではクライマックスに登場しますね。原作にも出てきますが、映画のような描写はなかったです。

ひとり 映画用の脚本を書いているとき、9割5分できてるんだけど、残りの5分ができないっていう状態で、ふと思い出したんです。そうだ、そもそもあれをやりたかったんだ。文章では無理だったけど、映像なら表現できるなと。脚本は20稿以上重ねましたが、ペーパーローズが登場するシーンは、いちばん最後の稿で決まりました。

――20稿も! どういうプロセスを経て改稿されていったんですか。

ひとり プロデューサーだけじゃなくて、東宝のちょっと偉い方や、今年入った新入社員、スタイリストさんといった、いろいろな方に脚本を読んでもらったんですよ。先入観をなくすため、僕が書いたとか、誰が演じるかとかは一切伝えずに。そこから出てきた意見を集めて、多くの人が一致して違和感を抱いている箇所は直す。その繰り返しで叩けるだけ叩いていったんです。

 

★がついた記事は無料会員限定

映画「青天の霹靂」

母に捨てられ、父とは音信不通の冴えない40歳のマジシャンが雷に打たれて浅草にタイムスリップ。
若き日の父と母に出会い、自らの出生の秘密を知る物語。原作は劇団ひとりの自著。自ら、脚本、出演、監督を務め、映画化した。


5月24日全国東宝系にて公開。
©2014「青天の霹靂」製作委員会

監督・脚本:劇団ひとり
原作:劇団ひとり「青天の霹靂」(幻冬舎文庫)
出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり
主題歌:Mr.Children「放たれる」

「青天の霹靂」公式サイトはこちら

 

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!