毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.05.02

劇団ひとりの「映画のつくり方」

第2回「劇団ひとり、演出する」

第2回「劇団ひとり、演出する」

5月24日の公開を控える映画『青天の霹靂』の原作・脚本・監督を手がけた劇団ひとりに、映画づくりの現場について聞くインタビュー。2回目の今回は、台詞の設計や役者への演出指示について。監督という立場で見出した新たな発見とは?
                   (聞き手・構成:稲田豊史 写真:菊岡俊子)

第1回の記事:劇団ひとり、物語を切り貼りする
最終回(第3回)の記事:劇団ひとり、映画づくりに没頭する
 

     

――映画を観て感じたのが、登場人物の会話がすごく生き生きしていることでした。嘘っぽくないというか、自然というか。

ひとり 紙の上で台詞をいくら書いても、本当にいいかどうかはわかんないんですよ。これはお笑いのネタづくりと基本的には変わらないんですが、僕は台本を書いたら、まずその場で声に出してみるんです。それで、なんか違うなとか、ああ意外といけるなとかいうプロセスを経て、ダメな要素を消去していくんですよ。

――今回も、そのプロセスを踏んだんですか。

ひとり 事務所の後輩の役者さんを呼んで、台本を声に出して全部読んでもらいました。芝居としておかしくないか、リズムの悪いところがないか、不自然じゃないかを徹底的にチェックしたんです。もちろん自分でも声を出してすべての役を演じてみたので、登場人物全員の台詞、全部言えますよ。柴咲コウさんの役(主人公・晴夫の母、悦子)もなりきってやってたから、傍から見たら相当気持ち悪かったでしょうね、僕。

――よく日本映画で、普通こういう状況でそんな紙に書いた文章みたいなこと言わないよっていう、いわゆる「寒い話し言葉」に遭遇するんですけど、今回はそれが皆無でした。

ひとり いい台詞を言わせたいのはやまやまなんですけど、やりすぎると台詞があまりにも劇的になっちゃうんですよ。舞台なら成立する台詞回しでも、映画だとどうしても浮いてしまう。これはすごく気を付けました。脚本段階ではそういう台詞もあったんですが、現場でどんどん直していきましたね。

――よくない映画って説明台詞に頼りがちですよね。

ひとり この映画にも、物語を進めていくうえで必要な説明台詞はあるんですけど、説明台詞っぽく聞こえないようにするにはどうしようかなと色々考えた結果、しゃべってる人間を歩かせればいいんだと気づきました。案の定、説明っぽさがうまく消えてくれましたね。

 

★がついた記事は無料会員限定

映画「青天の霹靂」

母に捨てられ、父とは音信不通の冴えない40歳のマジシャンが雷に打たれて浅草にタイムスリップ。
若き日の父と母に出会い、自らの出生の秘密を知る物語。原作は劇団ひとりの自著。自ら、脚本、出演、監督を務め、映画化した。


5月24日全国東宝系にて公開。
©2014「青天の霹靂」製作委員会

監督・脚本:劇団ひとり
原作:劇団ひとり「青天の霹靂」(幻冬舎文庫)
出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり
主題歌:Mr.Children「放たれる」

「青天の霹靂」公式サイトはこちら

 

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!