梨の白きくらげグレープソース

美味しくて体にやさしい薬膳料理を楽しみながら

 肝・心・脾・肺・腎 の五臓で人間の体を捉える中国伝統医学。中でもとくに重要なのが「腎」。 中国医学の「腎」は、腎臓だけでなく、生殖・成長の働きも含み、 生命の素となるエネルギー=腎精(じんせい)を蓄えています。
 年をとると減っていく「腎精」をどう目減りさせずに長持ちさせるか? 決め手になるのが「食こそ薬」と考える食養生法=薬膳です。

 薬膳料理家・漢方薬店店主である阪口珠未さんの新刊『老いない体をつくる中国医学入門 〜決め手は五臓の「腎」の力』は、発売たちまち重版で大好評。
 刊行を記念して、試食つきの特別イベントを開催します。
 阪口さんオリジナルの美味しいお料理を楽しみながら、2000年の伝統をつ中国医学のアンチエイジングについて学びましょう。
(阪口さんの新刊の一部はこちらでお読みいただけます!

当日のスペシャル試食メニュー

クコスカッシュ

[食前に]
●薬膳ワイン、または薬膳ビネガードリンク(クコスカッシュ)
●薬膳ナッツミックス

鶏手羽先・白きくらげ・黄精のスープ

[主菜と主食]
●黒豆の腎精チャージハンバーグ
●鶏手羽先・白きくらげ・黄精のスープ
●腎精チャージごはん(五穀米に特製ふりかけを添えて)

[デザート]
●梨の白きくらげグレープソース
●オリジナルブレンドの薬膳茶(それぞれの体質・体調に応じて、4種類の薬膳茶からお選びいただきます)

※メニューは予定です。当日変更になることもありますことをご了承ください

セミナー概要

<日時>
11月20日(火) 19時~21時(18時30分開場)
阪口珠未さんのレクチャーのあと、併設のキッチンで調理した薬膳料理をご試食いただきます。調理の一部や配膳などをお手伝いいただく、参加スタイルのイベントです。

<開催場所>
●名称 3×3Lab Future
●住所 東京都千代田区大手町1-1-2 大手町タワー・JXビル1階

東京メトロ東西線・千代田線・半蔵門線・丸の内線・都営三田線
「大手町駅」(C10出口)より徒歩2分

※施設の入り口について
C10出口を上がり、大手町パークビル側に入り口があります。
C10出口近くのオフィス入り口(西村あさひ法律事務所様、JXグループ様受付)とは異なりますのでご注意ください。

※会場には駐車場・駐輪場がありません。公共交通機関をご利用ください。

<参加費>
4,000円(税別) ※限定40名

登壇者プロフィール

阪口珠未(さかぐち・すみ)

株式会社漢方キッチン(薬店・薬膳スクール)代表。国立北京中医薬大学提携・日本中医薬大学講師。旧文部科学省国費留学生として、北京中医薬大学で中医学を学び、同大付属病院にて臨床と実習を行う。1999年、株式会社漢方キッチン設立。東京恵比寿にて薬膳スクールと薬店を経営しながら、清代の西太后の宮廷薬膳を研究。企業や自治体でのコンサルティング実績も多い。著書に『西太后のアンチエイジングレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)などがある。

→阪口珠未オフィシャルサイト

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定