幻冬舎文庫2018。
1月早々、あの“大ベストセラー”が2作、文庫でお手軽に読めるようになりました!

ひとつは、25万部のベストセラー、北野武さんの『新しい道徳』。
ちょっと前にニュースになっていましたが、今年度から、小学校の道徳の授業が「特別の教科 道徳」として、正式な「教科」になります!(中学校でも来年度から!)
これまでも「道徳の授業」はありましたが、実は“教科外の活動”だったんですね。それが“正式科目”に、格上げされたのです。
これを機会に、あなたも、「道徳」について、まじめに考えてみませんか?
“大人のための、道徳の本”として、オススメがこちらの本なのです。
たけしさんのこの本は、「道徳」という枠を超えた、「人生の教科書」です。今の時代に、必読ですよ!

そしてもうひとつは、92万部のベストセラー、石原慎太郎さんの『天才』。
この本は、石原慎太郎さんが、希代の政治家「田中角栄」の生涯をモノローグで描く感動的な一作なのです!
田中角栄といえば、数々の伝説を持っています。
高等小学校卒。幼いころから身に着けた金銭感覚と人身掌握術を武器に、年若くして総理にまでのし上がった男。
そんな“天才”の知られざる素顔、知りたくありませんか?
感動とともに一気読みできる、ドラマチックな一冊です。

新しい道徳
「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか
北野 武 

 今こそ日本人には「新しい道徳」が必要だ!!
 “天才・たけし”の比類なき新・道徳論。
 25万部のベストセラー、待望の文庫化です!

 時代を作る人は、いつだって古い道徳を打ち壊してきた。誰かに押し付けられた道徳ではなく、自分なりの道徳で生きた方がよほど格好いい。
 自分なりの道徳とは、つまり、「自分がどう生きるか」という原則だ。
 今の大人たちの性根が据わっていないのは、道徳を人まかせにしているからだ。それは、自分の人生を人まかせにするのと同じことだと思う。

天才
石原 慎太郎 

「この歳になって 田中角栄の凄さが 骨身にしみた」
 --石原慎太郎
 92万部の大ベストセラー、待望の文庫化です!

 高等小学校卒ながら類まれな金銭感覚と人心掌握術を武器に年若くして政界の要職を歴任。ついには日本列島改造論を引っ提げて総理大臣にまで伸し上がった田中角栄。
「今太閤」「庶民宰相」と称され、国民の絶大な支持を得た男の知られざる素顔とは?
田中の金権政治を批判する急先鋒であった著者が、万感の思いを込めて描く希代の政治家の生涯。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定