11月4日(土)15時より、早稲田大学の学園祭「早稲田祭2017」にて西野亮廣氏出演のトークイベントが開催されます。

「えんとつ町のプペル」をはじめ多数の絵本作品を手がけられているお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣氏に、幻冬舎編集部・箕輪厚介がモデレーターとなり、これからのメディアのあり方やメディア、出版業界におけるこれからのキャリア形成といったテーマについて伺うトークイベント。

メディアに関心のある方々やメディア関係への就職を考えている学生の方にぴったりのイベントです。

イベント概要

「未来のページをめくる~革命のファンファーレを鳴らそう~」
■場所:早稲田大学早稲田キャンパス10号館109教室
■日時:2017年11月4日(土)14:30開場、15:00開演
■出演:西野亮廣
■モデレーター:箕輪厚介
■チケット:無料
■企画・運営:早稲田リンクス
■Twitter:@links_talkevent

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

西野亮廣『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。