山田悠介さんといえば「クラスのほとんどが読んでる!」なんて話をたびたび聞きます。
タイトルを聞くだけでグっとくる! 読み始めるとたちまちハマる! 次のシーンが気になって最後まで一気に読んでしまう!
……そんな感じで中高生に大人気ですが、実は、大人が読んでも面白い作品がたくさんあります。
あらためて、山田悠介作品の面白さを、たくさんの方に伝えたい――。
そんなわけで、2016年より、今をときめく人気クリエイターによるカバー新装企画を行っています。
7月は『ライヴ』と『ドアD』です!『ライヴ』は新刊です!
せひ、お楽しみください。

まずは、
『ライヴ』

これぞ、山田悠介のノンストップノベルです!
絶対に助けを呼べない、死のレースってどんななの?
無数の罠が張り巡らされ、イカれた参加者も多数、残確な秘密組織に牛耳られているーーキケンな香りしかしません。
しかし、そうした障害を乗り越え、愛する人を救うために、走り続ける姿に感動します!

(内容紹介)
感染すると死に至るウイルスが流行する中、大学生の直人は「未認可の特効薬」の情報をネットで見つけた。病気の母のため絶対に手に入れる! だが薬は、謎の主催者によるトライアスロンレースの完走と引き換えだった。無数の罠、壊れゆく参加者、命を狙う秘密組織が絶えず襲い来る過酷なレース。それでも愛する人を救うには、走り切るしかない!


イラストは、一度目にしたら、目が奪われるかっこよさ! イラストレーター、みっつばーさん。
ぜひこのイラスト目指して書店に足を運んでください!

【みっつばー プロフィール】
『転生したらスライムだった件』カバーイラスト・挿絵・キャラクター原案ほか、『仰げば尊し 美崎高校吹奏楽部のバラード』カバーイラスト・挿絵、『デス・ゲーム・ウォーズ』カバーリアスとなどほか多数。いま注目のイラストレーター。https://www.pixiv.net/member.php?id=40439


そして、

かつてのカバーデザインを一新しての再登場!『ドアD』

ポップでおしゃれなタッチだけど、山田作品の怖さが漂う自信の新カバーです!
このイラスト&デザインは、イラストだけでなく、映像やグラフィックデザインなど、海外でも大活躍中のYKBX さん。

【YKBX プロフィール】
ディレクター・アートディレクター・アーティスト。
各種 映像作品のディレクションや制作に加え、 イラストレーションやグラフィックデザインなど活動は 多岐にわたる。トータルアートディレクションを目指した 作品を数々リリースし、国内外の映画祭やイベントでも高く評価されている。初音ミク・ボーカロイドオペラ「THE END」では、全てのビジュアルディレクション・ 演出・映像ディレクターを務めた。
http://ykbx.jp/

*ネットで発売中のものは、以前の古いカバーの可能性があります。このカバーをお求めの方は、書店まで足を運んでください。


さて、その物語とはーー?!
山田悠介の“ブラックエンド”といえば、これです、これ! ラストまで、一気読み必至の傑作です。
ひとつの部屋に友達と閉じ込められてしまうところから物語りは始まります。脱出の条件は、友人を殺すことーー。な、なんて恐ろしい!!
人間の本性が炸裂する、戦慄のラストとは?
 
(内容紹介)
優奈は、大学のテニスサークルの仲間7人とともに、見知らぬ部屋に拉致された。一つだけあるドアは施錠されている。突然、壁穴から水が噴き出した。瞬く間に水位は喉元まで…。溺死を免れるには、一人が部屋に残り、ドアの開錠のスイッチを押し続けるしかない。誰が犠牲になる?人間の本性を剥き出しにした、壮絶な殺人ゲームが始まった。


まだまだ、これからもカバー新装計画が続きます。
どうぞお楽しみに!!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定