毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.08

『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』の英語版が刊行されました

幻冬舎plus編集部

『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』の英語版が刊行されました

 6年がたちました。毎年3月11日が近づくたび、大きな地震が起こるたび、原発の廃炉作業の続報や避難先でのいじめのニュースを見るたびに、全く終わっていないことを認識する東日本大震災と原発事故。避難している方はいまだ12万3000人(2017年2月13日現在、復興庁)————。

 過去から学んでいるか、知識や情報は更新されているか、この時期、自問することが多くなります。

“My Nuclear Nightmare” Naoto Kan , Jeffrey S Irish , Cornell University Press, 2017(『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』菅直人著の英語版表紙)
 

 2015年のドイツ版に引き続き、アメリカでの出版決定を先頃お知らせした『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』(菅直人著、幻冬舎新書)の英語版———“My Nuclear Nightmare”Naoto Kan , Jeffrey S Irish , Cornell University Press——が、2017年2月15日にコーネル大学出版から刊行されました。 

 あの事故で、国家の中枢で起きたこと、当時首相だった菅氏が考えたことが記録された本書は、日本で実際何が起きたのかを知りたい世界の人たちにとって、重要な一次情報の一つとなります。

2012年10月刊『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』菅直人著、幻冬舎新書

 今後のエネルギー政策を考える上でも、事故の当事国に住む私たちが、あの出来事を忘れることはできません。2020年に開催されるオリンピックで、世界中の国々の人を迎える時が近づく中、考えなければいけないことは多いとあらためて思いました。(S)

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!