毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.08

『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』の英語版が刊行されました

幻冬舎plus編集部

『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』の英語版が刊行されました

 6年がたちました。毎年3月11日が近づくたび、大きな地震が起こるたび、原発の廃炉作業の続報や避難先でのいじめのニュースを見るたびに、全く終わっていないことを認識する東日本大震災と原発事故。避難している方はいまだ12万3000人(2017年2月13日現在、復興庁)————。

 過去から学んでいるか、知識や情報は更新されているか、この時期、自問することが多くなります。

“My Nuclear Nightmare” Naoto Kan , Jeffrey S Irish , Cornell University Press, 2017(『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』菅直人著の英語版表紙)
 

 2015年のドイツ版に引き続き、アメリカでの出版決定を先頃お知らせした『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』(菅直人著、幻冬舎新書)の英語版———“My Nuclear Nightmare”Naoto Kan , Jeffrey S Irish , Cornell University Press——が、2017年2月15日にコーネル大学出版から刊行されました。 

 あの事故で、国家の中枢で起きたこと、当時首相だった菅氏が考えたことが記録された本書は、日本で実際何が起きたのかを知りたい世界の人たちにとって、重要な一次情報の一つとなります。

2012年10月刊『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』菅直人著、幻冬舎新書

 今後のエネルギー政策を考える上でも、事故の当事国に住む私たちが、あの出来事を忘れることはできません。2020年に開催されるオリンピックで、世界中の国々の人を迎える時が近づく中、考えなければいけないことは多いとあらためて思いました。(S)

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!