そんなわけで3日目は大久保さんが千原せいじさんから勧められたカオハガン島という島へ行くことになりまして。ただ日本でカオハガン島ツアーを申し込む時、パンフにも全然載っていなくて旅行会社の人にも何度も島名を聞き直されたくらい。「せいじさんはその島の何がいいって? セブ島より海が綺麗とか?」と大久保さんに聞くと「多分そういう事だと思うよ。とにかくのんびり出来ていいんだって」とのこと。きっと相当綺麗なんだろうなぁ。エメラルドグリーンの輝く海を想像してはジワジワとウキウキでニヤニヤです。

 朝5時過ぎに起床。早速前日に買ったビキニを装着。上からジャージを羽織り、最小限のお金と水とタオルを小さなバッグに詰め込み、いざ朝食バイキングへ。6時のオープンと共にレストランに駆け込み、早朝とは思えぬ食欲を見せつける。そうです。ババアは張り切っているんです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

いとうあさこ『あぁ、だから一人はいやなんだ。』

寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。全力で働いて、遊んで、呑んで、笑って、泣いて……の日々。ぎっくり腰で一人倒れていた寒くて痛い夜。いつの間にか母と同じ飲み方の「日本酒ロック」。緊張の、海外ロケでの一人トランジット。酔ってヒールでこけて両膝から出血の地獄絵図。全力の悪ふざけ、毎年恒例お誕生会ライブ。女性芸人仲間の感動的な出産。“呑兵衛一族”の冠婚葬祭での豪快な呑みっぷり。40歳で体重計を捨ててから止まらない“わがままボディ”。大泣きのサザン復活ライブ。22歳から10年住んだアパートの大家さんを訪問。20年ぶりに新調した喪服で出席したお葬式。恒例の、オアシズ大久保さんのご家族との旅行。etc.