タイトルにある「真田丸」。これがお城の名前だったということを知らなかったという人は多いでしょう。
なぜ、今回の大河ドラマのタイトルが「真田丸」になったのか。ここに、脚本家の三谷幸喜さんが大きな意味を感じたからに違いありません。
真田丸での戦いが描かれた、今週の放送、興奮しないわけがありません!
みんなが興奮していると、途中からでもドラマって観たくなるもの。でも、歴史のことだし、わからないし・・・。そんな皆さん、大丈夫です!
このエッセイを最後まで読めば、バッチリついてこれますよ♪

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)