毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.15

ドラマ「真田丸」をもっと楽しむ解説10

興奮度マックスのドラマ「真田丸」。
今まで観てない人も大丈夫。これを読めば、すぐに理解&楽しめる!

房野 史典〔ブロードキャスト!!〕

興奮度マックスのドラマ「真田丸」。<br />今まで観てない人も大丈夫。これを読めば、すぐに理解&楽しめる!

タイトルにある「真田丸」。これがお城の名前だったということを知らなかったという人は多いでしょう。
なぜ、今回の大河ドラマのタイトルが「真田丸」になったのか。ここに、脚本家の三谷幸喜さんが大きな意味を感じたからに違いありません。
真田丸での戦いが描かれた、今週の放送、興奮しないわけがありません!
みんなが興奮していると、途中からでもドラマって観たくなるもの。でも、歴史のことだし、わからないし・・・。そんな皆さん、大丈夫です!
このエッセイを最後まで読めば、バッチリついてこれますよ♪

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!