毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.08

ドラマ「真田丸」をもっと楽しむ解説9

ついに「真田丸」の全貌が――。
感動の“神回”に日本中が熱狂した!

房野 史典〔ブロードキャスト!!〕

ついに「真田丸」の全貌が――。<br />感動の“神回”に日本中が熱狂した!<br />

NHK大河ドラマ「真田丸」に、この週末、本当に大勢の人が熱狂しました!
いつも最初に流れるテーマ曲が、今回に限って最後に流れたとき、鳥肌が立ち、めまいがしましたね。
そう。ついに。「真田丸」の全貌が明らかになったのです!!
なかなか評判のいい、房野さんの、この“ドラマを楽しむためのエッセイ”は、余談&裏話が読みどころ。今回の”余談”は、家康を演じている内野聖陽さんの、アッと驚く小話です。

*   *   *

幻冬舎plus(もうちょっとで3周年とのこと、おめでとうございます!)をご覧のみなさま、こんにちは。
こちらで「東大生も唸った! 超現代語訳・戦国時代」という連載をさせていただいている、房野史典と申します。

さっそく本題ーードラマ「真田丸」の話に入ります。これまでも、僕なりに一生懸命ドラマについて書いてきたのですが、実は「前置き、長すぎるだろ!」って声が多く、本題にたどり着いていない人もいたようなので、さっそく本題に入りたいと思います。

さて今回の”真田丸”、タイトルは「築城」です。(本題です♪)
今回の演出には震えました……! 大河ドラマでこんなやり方が……! なんと血の騒ぐ持っていきかたなんでしょう。
演出について語りたい気持ちをグッと抑えて、今回の「築城」について、ちょっとだけ書きたいと思います。

江戸幕府を開いて、将軍の座も息子に譲った徳川家康(内野聖陽さん)。徳川家の地位を揺るぎないものにするため、豊臣家に最後の戦いをけしかけてきます。
一方で、豊臣家は、徳川に対抗するため、全国から牢人(主人や、土地を失った武将ですね)を集めます。その中には、「真田丸」の主人公、”真田幸村(堺雅人さん)”もいたのでした。
攻め寄せてくる徳川軍に対して、豊臣軍は、大坂城(昔は”坂”ね)に籠城(お城にこもって、敵を迎え撃つ)という作戦をとることに…(籠城になるまでも、なんやかんやありました。詳しくは前回の記事を!)。

大坂城は、防御力抜群の鉄壁のお城です。しかし、ドラマでも言っている通り、唯一のウィークポイントが”南”です。北、東、西は、海や川に囲まれ、攻められにくい。ですが、南側だけ遮るものが何もない。
幸村は南側をカバーするために、”出城(主要のお城から離れて造るお城です)”を築くことを決めたのでした。
今回のタイトル「築城」とは、文字どおり”お城を築く”ということです。そして、そのお城というのは、大坂城の南に位置するところに、幸村が築こうとしている“砦”のことだったんですね。

その出城がどんなものか、ドラマでは、後藤又兵衛(哀川翔さん)に説明しているシーンがありました(この出城の機能がどんなものか、もちろん『超現代語訳 戦国時代』でも解説しているので、お読みください)。
攻め入る敵をバンバン撃ち取ることができる、超攻撃的出城
実は、そのルーツは”武田家(有名な武田信玄さんのとこだね)”にあったとされます。
真田家は、幸村の祖父・幸綱の代から武田家に仕えていました。父・昌幸(草刈正雄さん)も、少年の頃から信玄の家来として、武田家で働いています。おじいちゃんとパパが武田のもとで吸収(特にパパが)したことは、おそらく幸村にもいろいろと伝わっていたはず……。
その証拠に、幸村が又兵衛に説明している図面に書かれている出城の形は、まさに武田家が得意とした出城の造りなんです(丸馬出〈まるうまだし〉)って名前だよ)。

ここで余談を少し。
武田家の中に、この出城をはじめとして、築城の名人とされていた武将がいました。
その名を”山本勘助”。
これまで実在したかどうかも怪しいとされてきた人物でしたが、近年の研究だと、実際に存在していたという説が有力になっています(当てずっぽうって意味の、”ヤマカン”て言葉の由来になったという説もありますが、これはもう全然わかっていません)。
戦国好きにはすごく魅力的な武将の一人で、2007年には、この山本勘助を主人公とした大河ドラマ「風林火山」が放送されました。ここまで書くと、「あ!」っと思った方もおられるかもしれませんね。そうです、「風林火山」の主人公・山本勘助役は、今「真田丸」で徳川家康を演じてらっしゃる、内野聖陽さんだったんです。
ですから、内野さんは、ご自分が得意とした出城に、今後苦しめられるという展開が待っていることになります!……変な話してすみませんでした。

さて、ドラマ「真田丸」の話に戻ります。
キッチリと牢人たちを邪魔してきた、大蔵卿局(峯村リエさん)や織田有楽斎(井上順さん)。牢人のことを信用しないこの二人のせいで、幸村は“お城造り中止!”のピンチを迎えます。しかし、この二人や母親・淀殿(竹内結子さん)の傀儡(操られてるって感じ)になってはいられないと、豊臣秀頼(中川大志さん)が立ち上がります。

秀頼「この出城……仕上げよ。私が許す。私は……そなたらを信じておる」

こんな秀頼だったら、素敵だなと思わせてくれるセリフでした(織田有楽斎と大蔵卿局が、ここまで老害な感じというのは、あくまでドラマ上のことだと思います。こうだったかもしれないし、こうじゃなかったかもしれないし……。ちなみに、織田有楽斎が一時住んでいた屋敷の跡が、”有楽原”と呼ばれたことから、明治になってそこの地名は”有楽町”と名付けられ、現在の東京都千代田区有楽町が誕生した……という説がありますが、みなさんも薄々感付かれた通り、定かじゃありません)。

そして、みなさんが予告やポスターで目にしたであろう”赤備え”も登場し(これについては、次回書きたいと思います。書かないかもしれません)、ついに幸村が手がけた出城が完成します。深紅の布に描かれた六文銭の旗が無数に掲げられ、家臣の高梨内記(中原丈雄さん)が幸村に尋ねます。

内記「城の名は、なんとします?」
幸村決まっているだろう……真田丸よ!

そう、ドラマのタイトルにもなっている「真田丸」とは、大坂城の南に砦として造られた、真田の出城の名前だったんです(ご存知の方も多いと思いますが)。
そして、ここで神演出です。
今回のオープニング、いつも流れるインストがとばされ、有働由美子アナウンサーのナレーションから始まったことに、「あれ?」とちょっとした違和感を感じていました(真田丸ファンはみんな感じたと思います)。
しかし、幸村が最後のセリフ「真田丸よ!」と言い放った直後、ヴァイオリンの音色がカットインしてきます。その音楽こそ、僕らが聴き馴染んだいつものオープニング曲だったんです。「え!?」と驚いていると、真田丸の全体像が俯瞰で映し出され、次の瞬間、いつも最初に目にしている、壁面に書かれた題字「真田丸」がドーン! と登場して、いつもはついていない効果音と共にバーン! と割れたのでした。
オープニング曲が、そのままエンディング曲になり、その中で次回予告も繰り広げられる。
圧巻でした。大河ドラマでこんな斬新な演出がなされるなんて。不意打ちを食らって、そのあとは感動しっぱなしです。曲の流れる場所が違うだけで、新たな興奮が生まれ、ドラマタイトルにもなっている「真田丸」を印象付けるには最も効果的で、最もテンションが上がる演出だったと思います。

次回のタイトルは「完封」。その意味するところは……。楽しみ!
真田丸の機能と活躍を『超現代語訳 戦国時代』でもしっかり説明しています。おさらいも兼ねて、是非お読みください!
そして、幻冬舎plusさんのバックナンバーも、会員登録(無料)してご覧ください。3周年を迎えて、いろんなキャンペーンをしているので『超現代語訳 戦国時代』を絡めてよろしくお願いいたします!

ところでみなさん、あと少しで、2016年も終わってしまいますね(ちょっと早めのタイミングでこのセリフを言ってしまったので、12月にもう一回言うと思いますが)。
ハロウィンが終わった今、大きなイベントといえば、残すところ”クリスマス”と”カウントダウン”だけです。
「どうせあれでしょ? クリスマスにかけて、『クリスマスプレゼントには是非、書籍になった《超現代語訳 戦国時代》を!』とか言うんでしょ?」と思われた方、マジ大正解です。結局懲りずに、ここで宣伝してしまいます。
まず一回、amazonのURLを添付しておきますね。
ここでいきなり「amazonから購入してね」と言うのは、強引すぎるので、少し説明させていただきます。
初めてこの記事をご覧になった方は、もちろんご存知ないと思いますが、この連載をまとめたものが書籍となって発売しているんです。『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』というタイトルで、書店さんに置いていただいてます。この連載で書かせていただいた、「応仁の乱」、「関ヶ原の戦い」、「真田三代」というシリーズが、本に収録されております。どんな内容のものか、まずは「応仁の乱」をご覧ください(コチラ)
ありがたいことに、この本を手に取っていただいた老若男女のみなさまから、「歴史苦手だったけど、すごくわかりやすかった!」「笑いながら、戦国時代の流れが入ってきた」「笑って読んでたけど、途中泣きそうになるところがあった…」などなど、たくさんの嬉しいお声を頂戴しています。まだこの本をご覧になってないみなさまには、是非、戦国時代を”笑って泣いてドラマチックに学ぶ”という体感をしていただきたいと思っております。

話をクリスマスに戻そうと思いましたが、やはり時期尚早の感が拭えないので、それはまた別の機会に。今はやはり「読書の秋」という大義名分があります。まだギリギリいけます。
幻冬舎plusを覗かれるくらいだから、みなさまは”読む”ということがお好きだという前提で、話を進めさせていただきます。
秋というのは、四季の中でも、とりわけ日本人のDNAに訴えかける季節のような気がします。哀愁、郷愁、情緒、感傷……。和を象徴する、細やかな感情が取り揃えられているんです。
春のように、始まりを感じさせる”ワクワク”感はなく、夏のように、冒険心を煽る”ウキウキ”感もない、冬のように、忍んで温め合う”ドキドキ”感もないのが、”秋”なんです。
輪郭のない、捉えどころのない、でも……その胸に去来する想いが愛おしい。人間はセンチメンタルになるけど、植物にとっては実りの季節、そのアンバランスな感じを慈しみたい。紅葉を観て心が洗われるけど、冷たい風に一抹の寂しさを感じる。ほんの些細な事象に、こうも心は揺れ動くものなのか。私はなんてか弱い生き物なのだろう……でもそんな自分が大好き……。

秋とは、こういう季節なんです(「知らねーし」と思った方、もう少し我慢を。まだ本題にたどり着いていません)。
四季がある日本において、”秋”という季節こそ、最も五感……いや、第六感まで研ぎ澄まされる季節だと思うんです。そんなときだからこそ、人は、”本”を欲するのではないでしょうか? 文字に触れて、知識を取り込みたいと、願うのではないでしょうか。そうなると、できるだけ多くの量を読みたい。当然の欲求です。
「まぁまぁ知識が入って、すぐ読める本ないなかなぁ……他にもいっぱい読みたいし……」
やって参りました! ここで他の本を紹介すると、”今までなんだったんだ状態”になってしまうので、当然のごとく『超現代語訳 戦国時代』をオススメさせていただきます。

 とにかくすぐ読めます。あまり読書の習慣がない方でも、「一日で読めた!」という人が続出です。それでいて、深い充足感をもたらしてくれるのが、こちらの本となっておりますので、是非お手に取ってみてください。幾人かの人が夢中になった時間が、あなたの元にも訪れることを祈っております。またそうなって頂けることを願っております。
向寒の折、くれぐれもご自愛ください。

『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 
超現代語訳 戦国時代』

房野史典著

幻冬舎刊

全国の書店で発売中です!

amazonはこちら

楽天ブックスはこちら
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!