周囲の勧めでフェイスブックに【もうなんか昼ドラみたい】というタイトルで「応仁の乱」について書く

突然注目される

幻冬舎plusで「東大生も唸った! 超現代語訳・戦国時代」連載スタート

ネットでバズる

書籍『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』発売

売れ行き好調

イベント「なぜ売れない芸人の僕が、200万PVの人気連載を持ち、処女作『超現代語訳 戦国時代』がamazonランキング1位になったのか」を開催(詳しくはダ・ヴィンチニュースを!)

……という流れでここまできた、ブロードキャスト!!の房野史典さん。ついに憧れの歴史作家である河合敦先生との対談が実現、念願の「世界一受けたかった授業」を受けられることに! 
さて、どんな“ビックリ歴史エピソード”が飛び出すか?

   *   *   *

■河合先生には絶対に書けない!?『超現代語訳 戦国時代』

先生の手元の『超現代語訳 戦国時代』に、
たくさんの付箋が!感動!

房野 河合先生、今日はお越しいただきありがとうございます!

河合 いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。本、読ませていただきました(とカバンから『超現代語訳 戦国時代』を取り出す河合先生。そこにはたくさんの付箋が!)。

房野 恐縮すぎる! ど……どうでしたか?

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)