毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.21

万城目学さんと
「小説幻冬」編集長による
トークイベントのお知らせ!

万城目学さんと<br />「小説幻冬」編集長による<br />トークイベントのお知らせ!

いよいよ発売まで1週間をきった「小説幻冬」
先日の記事では明らかにしていませんでしたが、
創刊号の執筆陣にはなんと万城目学さんも名を連ねています!

その万城目さんと、「小説幻冬」編集長の有馬が、
11月14日(月)の20時から、
下北沢の本屋「B&B」にてトークイベントを行います。
小説執筆のために、10年来の付き合いである有馬と
ヨルダン&イスラエルに取材に行った万城目さん。
実際に行ってみた中東はどんなところだったのか、
一体どんな新連載を考えていらっしゃるのか、
などをたっぷり語り合います。お楽しみに!

イベントのご予約はこちら!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
 

【出演】 万城目学(作家)
     有馬大樹(編集長)
【時間】20:00~22:00 (19:30開場)
【場所】本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
【入場料】1500yen + 1 drink order

◆出演者プロフィール
万城目学(まきめ・まなぶ)
1976年大阪府生まれ。2006年『鴨川ホルモー』で小説家デビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『偉大なる、しゅららぼん』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』『バベル九朔』など著書多数。

有馬大樹(ありま・ひろき)
1978年東京都生まれ。大学在学中に幻冬舎でアルバイトを始め、編集者に。担当した主な小説に『鹿男あをによし』(万城目学)、『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)、『土漠の花』(月村了衛)など。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!