毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.30

文章の極意を一部紹介!近藤勝重氏による、大人のための文章サロン“幸せのトンボ塾”第1回レポート

幻冬舎plus編集部

文章の極意を一部紹介!近藤勝重氏による、大人のための文章サロン“幸せのトンボ塾”第1回レポート


コラムニスト近藤勝重さんによる、
大人のための文章サロン“しあわせのトンボ塾”の授業内容を一部公開!
読ませる文章を書くための極意とはーー。


 毎日新聞の人気コラム「しあわせのトンボ」や、『必ず書ける「3つが基本」の文章術』(幻冬舎)著者であり、コラムニスト近藤勝重さんによる、「大人のための文章サロン“幸せのトンボ塾”」。
 少人数制・全6回、自分の書いた作文を近藤さん自ら直接文章指導を受けられるという贅沢な内容で、募集後即満員となった話題の講座です。

 2016年9月3日(土)に、第1回を開催いたしました。
 その様子を一部ご紹介いたします。
 

当日配布した教材。1ページ目には近藤さんによる「作文 10カ条」

 第1回は文章を書くためのこころがまえについて、近藤さんに語っていただきました。
まず「作文を書くときに、上手・下手は気にしないでください」という近藤さんの言葉ににみなさんほっと一安心。
(実はお申し込みの際に「きちんと文章を書いたことがないけれど、参加しても大丈夫ですか?」という声をいくつか頂いておりました。)

 上手・下手よりも、ほかの誰でもなく自分独自の視点で書くことを大事にしてほしいと続ける近藤さん。
 その第一歩として、初回の授業では、教材として配った様々な文献をもとに、日常の中で自分が見つけた”気づき”について考えました。
 この”気づき”が、作文に大事な「何をどう書くか」の「何を」の部分にあたります。
 


 次回までの課題は、「気づき」をテーマにした400字の作文。
 こころがまえの他にも、原稿用紙に文章を書くにあたっての基本的なルールなども説明があり、いよいよ次回からは、近藤さんによる直接指導が始まります。

<近藤勝重氏 プロフィール>

ジャーナリスト、コラムニスト。早稲田大学卒業後の1969年毎日新聞社に入社し、論説委員、「サンデー毎日」編集長、専門編集委員を歴任。現在、毎日新聞客員編集委員。夕刊に長年連載の「しあわせのトンボ」は大人気コラム。早稲田大学大学院に出講(文章表現)中の2012年秋、親交のあった高倉健氏も聴講していた。端正な文章には定評があり、灘中学校など中学、高校の入試問題文としてよく使用される。東西ラジオの情報番組などにレギュラー出演、多彩な能力を発揮している。

<近藤勝重氏 最新刊のお知らせ>
 

大人気コラム「しあわせのトンボ」傑作選、
10年に及ぶ連載から厳選した64編に、大幅加筆修正をしてまとめた1冊
今日という一日のために』を10月6日より発売いたします。


心は内に閉じ込めるものではなく、外に連れ出すものなのかもしれない。そう気付いて始めたのは、外に出て自然に触れることであった。(「心は外に」)

改めて言うまでもなく、人の心はわかりにくい。本音と建前の物言いもあれば、うそも言う。さらに言うなら、自分の心すらわかっていないのが人間だ。鏡の自分を見て、そこに映っていないもう一人の自分がささやく。「本当のことを言ったら」と。(「『わかった』はわかっていない」)

その一日、何か無為に過ごしたかのような気もしたが、思い返せばよく笑った日であった。ぼくは何人もの笑いの天使に会った。今日という一日も、こんなぐあいに過ぎてくれれば日々これ好日である。(「笑いの天使とともに」)

「日々の暮らしが穏やかに続く。その日々のほんのささやかな幸福感やありがたさを書かず、語らずして、政治に物申すことも、政治を変えることもできない」と、近藤さんは言います。
しみじみと味わい深い文章で日常のなにげない風景を鮮やかに切り取った名コラム。近藤さんとゆく〈読む散歩〉をぜひお楽しみ下さい。


 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!