毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.13

【書籍化NEWS】芥川賞作家の又吉直樹さん絶賛! 圧倒的な信頼感と面白さはお墨付き!!

房野 史典〔ブロードキャスト!!〕

【書籍化NEWS】芥川賞作家の又吉直樹さん絶賛! 圧倒的な信頼感と面白さはお墨付き!!

幻冬舎plusで連載するなり、途端に人気記事ランキングのトップを独占したのが、
『東大生も唸った!超現代語訳・戦国時代』
こちらがあまりの人気のため、たちまち書籍化され、緊急出版された。著者は、ブロードキャスト!!房野史典氏。

タイトルは、少し変わり、

『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 
超現代語訳 戦国時代』


この記事に連載中から注目していたのが、芥川賞作家のピース・又吉直樹氏だ。
本の帯に寄せていただいたコメントには

「するする」と頭に入った。
これは僕にとって、日本史を好きになるための最善の方法であり、最後の手段。

とある。
「『するする』と頭に入る」とは、どういうことか?
それには、実際に読んでいただくのが一番。
http://www.gentosha.jp/articles/-/5391(←ネット連載の第一回目)
確かに、面白くてするする頭に入る。続きが、ぜひとも読みたくなる。
「戦国時代は、構造が複雑で、人間関係もわかりにくい」とされているが、そんなことは気にならず、一気に読んでしまい、気づけば頭に入っている――。
まさにミラクル! 
又吉氏の言葉のとおり、これぞ「日本史を好きになる最後の手段」だ!

また、連載中のタイトルにある「東大生も唸った」とはどういうことか?
著者・房野史典氏によると、これを読んだ東大卒のプロデューサーが、こんな言葉を伝えてきたという。
「学生時代には難しかった戦国時代が、あっという間に理解できました!」
「学生のときに、この本に出会えていれば、もっと楽だったのに!」
(テレビ局勤務 上川健史氏)
こんな風に言われたら、気になって仕方ない。
極めつけの一言は
「この本は、歴史の教科書。ではなく、人生の参考書。」

……読んだ人なら、共感できるはずだ。
このほかにも、東大卒の方からのコメントをいくつかいただいたという。

NHKの大河ドラマ『真田丸』が、ただいま絶賛佳境中。
ドラマファンはもちろん、途中から見始めて後から追いかけている人にも、お手元に『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』があれば、力強い“お供”になることウケアイだ。
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!