毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.08.07

円谷プロの特撮にも匹敵する緻密さとダイナミズム
ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』

中条 省平

円谷プロの特撮にも匹敵する緻密さとダイナミズム <br />ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』

 ヤマザキマリととり・みきの合作『プリニウス』がようやく4巻目に達しました。

「合作」というのは、従来の「原作・作画」という分担制とは異なっています。

 基本的なストーリーはヤマザキマリが書くのですが、それを基に、ヤマザキととり・みきが議論して変更を加えていきます。

 また、作画は、ヤマザキが主に人物描写を受けもち、とりが自然や建築など古代ローマの風景を描いたあとで、二人のタッチの違いを感じさせないように、とりが全体を溶けあわせて「合成」する作業をおこなっているとのこと。じつに手の込んだ合作なのです。

 その甲斐あって、ひとコマひとコマ読みごたえのあるマンガ作品に昇華されています。
最新の第4巻はポンペイの地震の場面から始まっていますが、このカラー4ページの建築物倒壊のシーンの素晴らしいこと!

 建物の破片や煉瓦一個一個が宙に散乱するところは、円谷英二の特撮の大傑作『空の大怪獣ラドン』で日本家屋の瓦屋根がラドンの翼のはばたき一つで飛びちる場面にも似た緻密さとダイナミズムにあふれています。

 地震と噴火はこのマンガの最も重要なファクターなのですが、それは古代ローマと日本に共通するものです。そもそもヤマザキマリのヒット作『テルマエ・ロマエ』だって、古代ローマと日本が火山とマグマ活動の国だからこそ、温泉という共通点で結びつくマンガになりえたわけです。

ほとんど史料のないプリニウスをヤマザキマリは面白すぎるお話にした!

 このマンガの主人公プリニウスは『博物誌』で有名な古代ローマ(紀元1世紀)の軍人・学者ですが、プリニウスのことなど何にも知らない私でも、ヴェスヴィオ火山が噴火したとき、噴火をできるだけ近くから見たいという一心で現場に近づき、火山からの毒ガスにやられて死んだという挿話は知っています。

 ですから、このマンガの結末でも、主人公はヴェスヴィオ近くで噴火を見ながら死ぬことになるでしょう(実際、第1巻はその噴火の場面から始まって、フラッシュバックでそれより20年ほど前のプリニウスの人生に戻るという構成になっています)。

 しかし、プリニウスの人生についてはほとんど詳しいことが知られていないらしく、このマンガのお話はほとんどヤマザキマリが考えだしたものだということです。

 確かに、このマンガは古代ローマと森羅万象に関するウンチクマンガであるとともに、暴君皇帝ネロの治世を描くお話として、あまりにも面白すぎるのです。

 第4巻では、ネロの妾のポッパエアが暴走して、ネロの前妻オクタウィアを斬首させてその生首をめでたり、串を打ちこんだ石人形の呪いに対抗するために魔女を利用したうえで殺してしまったりと、エグい嫉妬と権力抗争のドラマがこってりと描かれて、まるでシェイクスピアみたいです。

 さらに、変テコ極まる半魚人の目線でプリニウスと部下たちを描くというファンタスティックな荒業も見られて、私は大満足なのでした。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!