毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.30

キリンチャレンジカップ2016 
VS南アフリカ

ヤシキ ケンジ

キリンチャレンジカップ2016 <br />VS南アフリカ

仮想ナイジェリア多すぎないか?
アフリカの国をなんでも仮想ナイジェリアにしていいのか?

 

 毎度よく分からなくなるのが、この日本のホームでの試合である。

 日本が勝ったとしても「遠路はるばるやってきて、お疲れでしょうし……」といって、相手の力の三割減くらいで見ないといけなくなるので、今回の試合のように結果も内容も文句なしに勝っても素直に喜べないというジレンマが残る。

 この前に行なわれたキリンカップなんか、そんなはるばる遠くからやってきたボスニアに負けたA代表だし、もう勝っても負けても素直に喜べないホームの試合は、むず痒さだけが残ってしまうのだ。

 今回の南アフリカ代表も五輪の出場国で、仮想ナイジェリアという位置付けらしい。

 仮想ナイジェリア多すぎないか? というのと、アフリカの国をなんでも仮想ナイジェリアにしていいのか? という疑問もよぎったことは間違いない。

 この前のキリンカップもガーナとの対戦で仮想ナイジェリア、今回の南アフリカも仮想ナイジェリアって、そんなに仮想ナイジェリアの試合をしたいのなら、こっちからアフリカに出向いていろんなアフリカの国と戦って「仮想ナイジェリア三昧」のアウェーツアーをすればよっぽど強化になったんじゃないのだろうか?

 そんな情報を聞いたナイジェリア人たちも「ニホンジンのメノカタキにサレテイテコワイ……」と少しは怯んでくれたかも知れないし、ナイジェリアのみならずアフリカ諸国の大体の強さも肌身で分かるだろうに。

 いくら初戦のアフリカ戦が大事だとはいっても、五輪の同組である仮想コロンビアや仮想スウェーデンの試合はしなくて大丈夫なんだろうか?

 五輪本番直前には、現地ブラジルでブラジル代表との試合が組み込まれているらしい。

 これが仮想コロンビアということになるのだろうが、またどえらい国と仮想国と本番直前の試合を組んだものである。

 思えばブラジルW杯直前の相手は強国を選ばなかったが、今回の五輪では真逆である。

 これが吉と出るのか凶と出るのか。

 ブラジルはネイマールやドゥグラス・コスタなどブラジルのA代表にも入るような金メダルを獲りにきているガチなOA選出であり、お隣の韓国もソン・フンミンやポルトのFWソク・ションジュンなど、これまたガチでメダルを獲りにきているのだが、それに比べると日本のOAは興梠、塩谷、藤春とA代表でも落選組のメンツをで選んでるあたり、大丈夫なのかと心配せずにはいられない。

 せっかく壮行試合で勝利をおさめた日本なのだが、心配の種は尽きない。

 DF亀川のハンドからPKで失点したことについて「手倉森ジャパンなだけに、1失点目は手をつかっちゃいました」と得意のダジャレで滑りまくっていた手倉森監督だが、五輪本番では滑らない試合を願うばかりである。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!