毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.27

専門用語よりも「5歳児でも分かる言葉」を使おう

フラナガン 裕美子

専門用語よりも「5歳児でも分かる言葉」を使おう

エグゼクティブたちが手放さなかった伝説の敏腕秘書、フラナガン裕美子さん。
フラナガンさんの経験をもとに綴られた、上司からの信頼を得られて効率も上がる仕事のコツをまとめた『伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術』が発売となりました。刊行を記念して、本の読みどころを一部ご紹介します。
第1回は、言葉遣いについて。仕事中、知らず知らずのうちに、専門用語や友達の間で使うような短縮後を使っていませんか?

イラスト/田渕正敏


 仕事中、上司や後輩と話すとき、知らず知らずのうちに、英単語や専門用語などの難しい言葉や、同世代の友達間で使う短縮語を使っていませんか?

 そんなとき、相手はどういう反応になるでしょうか。イライラして「つまり、どういうこと?」と言われてしまった経験がある人もいるでしょう。

 私が仕えた上司の一人は、いつも「5歳児でも分かるような会話」を徹底していました。どんな相手と話をしていても、相手が分かっていると過信しません。

 例えば全員が分かっているはずと思える仕事内容にも、さりげなく説明を加えたり、できる限り専門用語を避けたり、たとえ話を入れたりする工夫をしていたのです。

 その上司は、部下たちにも「僕が5歳児だと思って話をしてくれるかい?」と頼んでいました。

 自分が理解していることだと、つい相手も分かっていると思い込みがち。まずはその固定観念をいったん捨てることから始めましょう。

 相手が誰であれ、「5歳の子供」に説明するのだと思えば、「分かりやすく、簡単な言葉を選ぼう」と自然に意識し始め、あなたの会話能力は格段にアップしていきます。

ポイントは、「丁寧に」「シンプルな言葉で」「要点をついて」話すように気を付けるということ。最初は、毎日必ず1回を目安にチャレンジしてみて下さい。

 相手に一瞬で伝わる言葉は、仕事の成果となって現れます。モノにすれば、どんな相手でも通用する、あなただけの強力な武器となるでしょう。

 

□どんな相手にも、「丁寧・シンプル・要点をついた」伝わりやすい会話を心がける

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

フラナガン裕美子『伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術』
→電子書籍の購入はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!