毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.21

高嶋哲夫著『衆愚の果て』 幻冬舎文庫刊

もうすぐ選挙権が満18歳以上に!どの政党に、誰に投票するか考える前に、政治家の実態を描いた小説はいかが?

幻冬舎文庫

もうすぐ選挙権が満18歳以上に!どの政党に、誰に投票するか考える前に、政治家の実態を描いた小説はいかが?

6月19日以降に行われる国政選挙から、選挙権が満18歳以上に引き下げられますね。
ところで、政治家の日々の活動、生活など、想像がつきますか?
政治を一から知ることができると話題になっているのが、高嶋哲夫さんの『衆愚の果て』(幻冬舎文庫)です!
年収は2千万円以上、都心の一等地に立つ宿舎に居住、JR無料パスで移動、年間実働200日、欠勤、遅刻、居眠り自由!?――など、様々な「特権」を持つ政治家が、普段どんな活動をしているのか、生々しく描かれています。
実際の選挙で、「どの政党に」「誰に」投票するか考える前に、読んでみては!?
まだ18歳未満という高校生の皆さんも、間もなく選挙権が与えられますよね。ぜひこの小説を読んで、知見を広める一歩としてはどうでしょうか。

*  *  *

『衆愚の果て』
高嶋哲夫著

無職の二十七歳、大場が衆議院議員になった。二千万円超えの年収、都心の一等地に立つ宿舎、海外視察費約二百万円など、特権を手にして歓喜する。だが、多すぎる議員数や手厚い議員年金など、自身の身を削らずに国民にばかり負担を強いる政治家に次第に嫌悪感を抱き、自ら制度改革に動き出す……。政界の実態を抉る痛快エンタテインメント!
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!