毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.04.15

幻冬舎文庫の春まつり企画

幻冬舎文庫編集部の
ジャンル別オススメNo.1

幻冬舎文庫

幻冬舎文庫編集部の<br />ジャンル別オススメNo.1

幻冬舎文庫編集部からのおススメを、ジャンル別にご紹介。
でも、紹介したい作品は、本当はもっともっとたくさんあるんです!
ここにある作品をきっかけに、もっと幻冬舎文庫に親しんでもらえるといいな、というのが、編集部の想いです。

 【ミステリー】 『黒の狩人(上・下)』大沢在昌
 【恋愛】    『愛なんか』唯川恵
 【青春】    『もういちど生まれる』朝井リョウ
 【時代小説】  『妾屋昼兵衛女帳面』シリーズ 上田秀人
 【エッセイ】  『煩悩入門』小池龍之介

 

【ミステリー】 『黒の狩人(上・下)』(大沢在昌)
闇社会を生きる男たちの生死をかけた争いに、喉はカラカラ、手に汗握る! 「新宿鮫」と並ぶ、累計190万部の人気シリーズ。


【恋愛】 『燃えつきるまで』(唯川恵)
泣けば忘れるというけれど、涙を流すだけじゃ、立ち直れない恋もある。それでも――。
これぞ「失恋小説」の最高峰。

【青春】 『もういちど生まれる』(朝井リョウ
夢があり、恋があり、苦悩があった…。
「青春」という限られた時間が持つ、儚さときらめきに、すべての人の心が震える!

【時代小説】 「妾屋昼兵衛女帳面」シリーズ 上田秀人
裏稼業「妾屋」が、ときに権力闘争、ときに大奥騒動に巻き込まれる。息を吐かせぬ、一気読みの全8作。


【エッセイ】 『沈黙入門』(小池龍之介)
「自分の欲望」「自分のイヤイヤ」「自分の迷い」は、主張しすぎてうるさい。
一行一行、納得感しかありません!
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!