幻冬舎文庫編集部からのおススメを、ジャンル別にご紹介。
でも、紹介したい作品は、本当はもっともっとたくさんあるんです!
ここにある作品をきっかけに、もっと幻冬舎文庫に親しんでもらえるといいな、というのが、編集部の想いです。

 【ミステリー】 『黒の狩人(上・下)』大沢在昌
 【恋愛】    『愛なんか』唯川恵
 【青春】    『もういちど生まれる』朝井リョウ
 【時代小説】  『妾屋昼兵衛女帳面』シリーズ 上田秀人
 【エッセイ】  『煩悩入門』小池龍之介

 

【ミステリー】 『黒の狩人(上・下)』(大沢在昌)
闇社会を生きる男たちの生死をかけた争いに、喉はカラカラ、手に汗握る! 「新宿鮫」と並ぶ、累計190万部の人気シリーズ。


【恋愛】 『燃えつきるまで』(唯川恵)
泣けば忘れるというけれど、涙を流すだけじゃ、立ち直れない恋もある。それでも――。
これぞ「失恋小説」の最高峰。

【青春】 『もういちど生まれる』(朝井リョウ
夢があり、恋があり、苦悩があった…。
「青春」という限られた時間が持つ、儚さときらめきに、すべての人の心が震える!

【時代小説】 「妾屋昼兵衛女帳面」シリーズ 上田秀人
裏稼業「妾屋」が、ときに権力闘争、ときに大奥騒動に巻き込まれる。息を吐かせぬ、一気読みの全8作。


【エッセイ】 『沈黙入門』(小池龍之介)
「自分の欲望」「自分のイヤイヤ」「自分の迷い」は、主張しすぎてうるさい。
一行一行、納得感しかありません!
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定