話題沸騰中の戦略的恋愛小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』の発売を記念し、「現代日本の恋愛」を語り合う本対談。前回では、藤沢さんは「モテる男性の味方になったり、モテようとする男性を応援したいから『恋愛工学』をはじめた」とお話される一方、はあちゅうさんは、恋愛工学の効果を認めつつも、「恋愛のスタートとゴールが男女のあいだであまりにも違う」という不満も吐露されました。この男女の違いはどういう理由によるのでしょうか。
(構成:福田フクスケ)

前回の記事:
第1回 男は大勢にアプローチしないとたった一人とも付き合えない


※本記事は電子書籍化されたため公開を終了しました。書籍化情報は下記の「関連書籍」をご参照ください。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この対談が電子書籍になりました!
はあちゅう/藤沢数希『男と女がいつもすれ違う理由』
→電子書籍はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍はこちら(Amazon)


藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


関連記事

藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』試し読み


はあちゅう(伊藤春香)/藤沢数希対談『ぼくは愛を証明しようと思う』発売記念対談 「恋愛ってなんだろう?」