毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.07.02

『きらめく甲虫』関連イベント(福岡)のお知らせ

『きらめく甲虫』関連イベント(福岡)のお知らせ

甲虫の中でもとくに金属光沢が美しいもの、珍しい模様を背負っているもの、色合いが芸術的なものを厳選して紹介する写真集『きらめく甲虫』が7月9日に刊行となります。 刊行を記念して、著者の丸山宗利氏によるイベントが福岡で行われます。お近くの方はぜひお立ち寄りください。


 イベント① 丸山 宗利先生 新刊発売記念講演会「きれいな甲虫 おもしろい昆虫」
日時: 8月8日(土)14時開演(開場13時30分~)
会場:天神MMTビル6階 TKP株式会社 ルームA (ジュンク堂書店福岡店1階のエレベーターにてお越しいただけます)
対象書籍:『きらめく甲虫』(幻冬舎 税込1404円)
『アリの巣のお客さん』(あかね書房 税込1620円)
『アリのくらしに大接近』(あかね書房 税込1620円)
ジュンク堂書店福岡店にて、上記対象書籍のうち、いずれかをご購入のお客様に参加券を配布いたします。また、7月1日から対象書籍と参加券のご予約を承ります。ご予約はお電話でも承っております。
■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店福岡店 TEL 092-738-3322
福岡県福岡市中央区天神1-10-13メディアモール天神B1F~4F
ジュンク堂書店福岡店のイベントページはこちら
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=9569


イベント② 特別展示「きらめく甲虫」
会場:九州大学箱崎キャンパス 総合研究博物館 常設展示室
期間: 2015年7月6日(月)~9月25日(金)
時間:9:00~17:00 休館:土曜・日曜・祝日 (7/25(土)〜8/30(日)の土日は開館)
入場無料
貴金属のようなプラチナコガネ、青く輝くカミキリムシ、優しい輝きのキンイロクワガタなど 金属光沢のある美しい甲虫を厳選し、特大写真パネルとともに展示します。
■お問い合わせは下記へお願いいたします。
九州大学総合研究博物館 事務室 TEL 092-642-4252 九州大学総合研究博物館のイベントページはこちら
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/event/index.html#beetles  

 

【著者紹介】

丸山宗利(まるやま むねとし)
1974年東京都出身。北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。博士(農学)。九州大学総合研究博物館助教。大学院修了後、日本学術振興会の特別研究員として3年間国立科学博物館に勤務。2006年から1年間、同会の海外特別研究員としてアメリカ・シカゴのフィールド自然史博物館に在籍。08年より現職。アリと共生する好蟻性昆虫が専門。シカゴ在任中に深度合成写真撮影法に出会う。現在、研究のかたわら、さまざまな昆虫の撮影も行っている。著書に『ツノゼミ ありえない虫』(幻冬舎)、 『森と水辺の甲虫誌』(編著)『アリの巣をめぐる冒険』『アリの巣の生きもの図鑑』(共著)(いずれも東海大学出版会)などがある。近著『昆虫はすごい』(光文社新書)は10万部のベストセラー。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

丸山宗利 著『きらめく甲虫』

→書籍の購入はこちら(Amazon)


 

 

丸山宗利 著『ツノゼミ ありえない虫』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!