元TBSアナウンサーで、現在エッセイスト、タレントとして活躍中の小島慶子さん初めての小説『わたしの神様』。これまで描かれることのなかった“女子アナ”たちの嫉妬と執着と野心を描き切った本作は、各方面から絶賛の声が寄せられています。そんな中、ネットで話題の解説動画のプロフェッショナル集団「simpleshow」が、本作を紹介する動画を公開しました。

ドイツ発の「simpleshow」は今までの数多くの解説動画を手がけてきましたが、小説を題材にした動画を制作したのは世界初の取り組みとなります。まだ『わたしの神様』を読んでいない人は、ぜひこの動画をみてください、きっとページを開きたくなるはずです。

◯作品情報
『わたしの神様』小島慶子(著)

視聴率低迷中のニュース番組「ウィークエンド6」の起死回生をはかるため、テレビ太陽きっての敏腕プロデューサー藤村は“女子アナ”キャスターのてこ入れ に動いた。産休に入る佐野アリサの後任に起用したのは、全方位の好感度で不動の人気を誇るミスキャンパス出身の仁和まなみ。アイドルアナからニュースキャ スターへと鮮やかな転身をとげたい彼女は、権力欲や保身に走る男たちや、敵意むき出しの女たちに晒されやがてスキャンダルの渦に引き摺り込まれる。描かれ ることのなかった“女子アナ”たちの強烈な嫉妬と執着と野心に、ページをめくる手が止まらない。一気読み必至の極上エンタメ小説。

→書籍購入はこちらから(Amazon)
→書籍購入はこちらから(楽天ブックス)

→電子書籍購入はこちらから(Amazon kindle)
→電子書籍購入はこちらから(楽天kobo)
→電子書籍購入はこちらから(幻冬舎plus)

◯関連リンク
・幻冬舎plusで第1章冒頭部分を無料公開中
http://www.gentosha.jp/articles/-/3540

・作品に寄せられた絶賛の声はこちら
http://www.gentosha.jp/articles/-/3539
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定