毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.22

お待たせしました!『漫画版 野武士のグルメ 3rd』6月5日から始動!!

原作:久住 昌之/画:土山 しげる

お待たせしました!『漫画版 野武士のグルメ 3rd』6月5日から始動!!

“今宵もうまそうな匂いに誘われて……” ──鼻を利かせて、食欲の赴くままに
『漫画版 野武士のグルメ3rdシーズンが始まります!!

街を歩いていると、つい立ち止まってしまう“匂い”ってありませんか? スパイシーなカレーの香り、焼鳥屋さんの香ばしい煙、お蕎麦屋さんから漂う鰹だしの匂い……どれもこれも腹が鳴る“匂い”です。その中でも昔から「煙と匂いで食わせる」ことで有名なのが鰻ですよね。これだけは匂いを察知したが最後、お財布的にちょっと無理してでも暖簾をくぐっちゃいます。

「松」「竹」「梅」に分けられたメニューをにらみ、日本人なら迷わず「竹」を注文。焼き上がりまでの時間は、肝焼きと香の物をアテに熱燗をチビリチビリと。これからの季節だったら、キンキンに冷えたビールなんかもいいですね! ちょっと頑固そうなオヤジが団扇をパタパタ。店内にも迷い込む「匂い」と「煙」が主役の登場をいやがうえにも盛り上げてくれます。

さてさて、熱燗で気分もちょっぴりフワッとしたところに、お待ちかねの四角いお重が運ばれてきました。ゆっくりと蓋を開ければ、照りと香りと香ばしさを纏ったピッカピカの「うな重」が……

そんな「匂いの罠」に香住武も捕まりました──

いよいよ『漫画版 野武士のグルメ』3rdシーズンが6月5日(金)から始まります。

原作は久住昌之氏の完全オリジナル版。土山しげる氏が描くメニューの数々も、ますますお腹を空かせてくれます──。定年後の自由すぎる時間を謳歌する香住武は、3rdシーズンも食べます、飲みます、そして少しだけ凹みます。

《野武士は腹が減ったら、堂々と店に入り、つべこべ言わずに注文する》

そんな野武士のような男になれたらと、今日もお店を探します。たまには自宅で飲んじゃったりするかもしれません。ひとりだからこそ人目を気にせず、己の流儀で思うがままに食べたい。還暦で知ってしまった“ひとり飯” “ひとり酒”の楽しみ、もうやめられません!!

そして、これまでの香住武の奮闘が詰まった単行本&電子書籍も絶賛発売中です!! 電子書籍版は、通常版の“1stシーズン”&“2ndシーズン”だけでなく、電子書籍限定の“1stシーズン 完全カラー版”もアナタの胃袋を刺激すること間違いなし。「焼きそばに昼ビール」「熱々のタンメン」「ココロのコロッケ」「野武士のライスカレー」「牛丼屋でちょい飲み」……などなど、大人の買い食いから自宅での深夜飲みまで、ついぞ誘われてしまう『野武士めし』が満載です!! “1st”&“2nd”で少しだけノドを潤しながら、3rdシーズン開始までお待ちください!!

では皆様、3rdシーズン第1話「文士の鰻重」でお会いいたしましょう。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

【対談】久住昌之×津田大介 『野武士のグルメ 2nd』発売記念対談 「ひとりメシ」で知る自由と懐かしさ

関連書籍

『漫画版 野武士のグルメ 2nd』(モノクロ)

→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


『漫画版 野武士のグルメ カラー版 1st 01』(1stシーズン「九月の焼きそビール」「タンメンの日」「朝のアジ」収録)

→試し読み・電子書籍はこちら
→電子書籍(Amazon)はこちら


『漫画版 野武士のグルメ カラー版 1st 02』(1stシーズン「殿様の麦とろ飯」「かっこ悪いスキヤキ」「雨漏りのコの字カウンター」収録)

→試し読み・電子書籍はこちら
→電子書籍(Amazon)はこちら


※『漫画版 野武士のグルメ カラー版 1st 03』(1stシーズン「悪魔のマダム」「釜石の石割桜」「謎のトースト定食」収録)も近日刊行予定!

『漫画版 野武士のグルメ』(1stシーズン全話収録 モノクロ)
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!