毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.04.01

松山ケンイチ主演

天の茶助 映画化決定!!
SABU

SABU

天の茶助 映画化決定!!<br />SABU<br />

SABU監督の書き下ろし小説『天の茶助』(幻冬舎より発売予定)を、監督自ら映画化!! 日本での映画公開(6/27)まで〈茶助情報〉を随時更新いたします。
 

2015.4.1予告編ムービーアップしました

2015.1.19 65 ベルリン国際映画コンペティション部門選出!!
 カンヌ、ベネチアと並び、世界3大映画際のひとつに数えられる「ベルリン国際映画祭」。その第65回ベルリン国際映画祭(2/5〜/15まで開催。現地時間)で、最高賞の〈金熊賞〉を争う「長編コンペティション部門」に『天の茶助』が選ばれました。
 過去、SABU監督の作品は『弾丸ライナー』『疾走』『蟹工船』など計7作品が同映画祭の別部門に出品されていますが、コンペティション部門へは初選出。

2015.1.19 『天の茶助』がベルリン映画祭コンペ部門に選出、のニュースが「映画.com」「朝日新聞」「毎日新聞」で紹介されました。

 

 

(C)2015「天の茶助」製作委員会 

運命は書き直せるのか!? 茶助!!

 天界で、あらゆる人間の「人生のシナリオ」を書く脚本家たち。人はみな、実は彼らのシナリオに沿って生きていた。その脚本家たちの下っ端でお茶汲み担当をしている茶助(松山ケンイチ)は、下界に住むユリ(大野いと)に密かに想いを寄せていた。
 ところがある日、ユリの人生の脚本に〈交通事故で死ぬ〉という運命が描かれようとしていることを知る。愛する彼女を死なせたくない一心で、人間界に降り立ってしまった茶助 in 沖縄。
 天界で仲のよかった脚本家が動かす種田(大杉漣)と彦村(伊勢谷友介)の力を借り、茶助はユリを救おうとするのだが——。

 種田や彦村、ユリ、そして茶助自身の、壮絶すぎておかしな過去があきらかになりながらも、茶助は下界でふたたび壮絶な〈いま〉を生きる。
 茶助、おまえは今度こそ運命に抗えるのか……!?

 

撮影は昨夏、沖縄で行われました。監督、出演者インタビュー、撮影現場の様子など随時アップします。お楽しみに!

 

→「天の茶助」公式サイトはこちら

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

SABU『天の茶助』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!