毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.06.26

SABU監督が自ら原作も執筆した、6/27(土)公開の映画『天の茶助』。
予告編ムービーを公開!

幻冬舎 編集部

SABU監督が自ら原作も執筆した、6/27(土)公開の映画『天の茶助』。<br />予告編ムービーを公開!

SABU監督作品
第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門上映作品

その男は天から降りて来た。
たったひとりの女性を守るために……。

 

天界――。
白い霧が漂い、どこまでも続くような広間。
そこでは数えきれぬほど多くの脚本家が白装束で巻紙に向かい、下界の人間たちの「シナリオ」を書いていた。人間たちは彼らが書くシナリオどおりに人生を生き、それぞれの運命を全うしているのである。
茶番頭の茶助(松山ケンイチ)は脚本家たちに茶を配りながら、そんなシナリオの中で生きている人間たちの姿を興味深く眺めていた。中でも、口のきけない可憐で清純な女性・新城ユリ(大野いと)への関心には恋心にも似た感情があった。
そのユリが車に跳ねられて、死ぬ運命に陥ってしまったことを知る茶助。ユリを救う道はただひとつ、シナリオに影響のない天界の住人・茶助が自ら下界に降り、彼女を事故から回避させるしかなかった……。

 

6/27(土)公開の映画『天の茶助』。同原作小説の予告編ムービーを公開!

 

※そして……映画公開に先駆け、小説『天の茶助』(SABU著、幻冬舎文庫)は
絶賛発売中。文字のSABU監督ワールドもぜひお楽しみ下さい!!

 

●映画『天の茶助』作品情報
6/27(土)公開
出演:松山ケンイチ、大野いと、大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進
原作:SABU『天の茶助』(幻冬舎文庫)
監督脚本:SABU
音楽:松本淳一
©2015『天の茶助』製作委員会
映画『天の茶助』公式サイトはこちら

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!