毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.12.05

第2回 仕事も恋愛もしなくちゃいけなくて女性は大変

はあちゅう(伊藤 春香)/藤沢 数希

第2回 仕事も恋愛もしなくちゃいけなくて女性は大変

第1回では、「最初のデートで高級レストランに行かなくても大丈夫」という穏当な話題から始まった会話が、徐々にヒートアップ。藤沢さんは、心の綺麗な女の人がいいと言いますが、果たして――。(構成:鈴木みのり 撮影:植一浩)


男は「都合がいい女」が好き?

はあちゅう たぶん女性は欲張りだと思うんですよ。実際、カジュアルなデートも楽しめる20代の男の子から、お金を使って贅沢な世界を見せてくれる40代の男の人まで、何パターンか取りそろえている女性もいますからね。「仕事が忙しい」って言えば男性も納得してくれるし、女性は器用だし、あんまりバレないみたいです。

藤沢 いやいや、もちろんバレてますよ。でも、セックスに不自由していない男性はそう多くないので、明らかに嘘ついてるな、と薄々気づいていても目をつむっている、というか気づきたくない、というだけなんですよ。同じぐらいの可愛さで、もっと都合のいい子が現れれば、もちろんそっちに行きますよ。そういう子がいないから、選択肢がないだけなんですよ。

はあちゅう 本当にそうですか? 私の知り合いは、いろんな男の人を回して、上手くやってますよ。やっぱり、男の人は、そういう振り回してくれる女の人が好きじゃないんですか?

藤沢 いやいや、男の人は、都合がいい女の人が好きですよ。金曜の夜とかに予定が急に空いたとき、LINEとかでメッセージ送ったら、来てくれるような子が、男は好きなんですよ(笑)。

はあちゅう 堀江貴文さんも同じこと言ってました(笑)。

藤沢 男性は生物学的に見ても、たくさんモテるとそれだけで価値が出るんですよ。女性は、そういう男性のことを質の高いオスだと勘違いする習性があるんです。しかし、女性の価値ってなんだかんだで貞操観念っていうか、男からすると独占できるかどうかっていうところはわりと重要なんですよ(笑)。いつ呼んでも来てくれる人であってほしいわけですよ。自分勝手なんですけど。ぶっちゃけた話、女は都合がいい女になれば、ルックスで1~2ランク上の女に勝てますよね。

はあちゅう そうですか? でも、やっぱり、本命、2番目、3番目って明らかに差があるもんじゃないですか? 女子はつけてると思いますよ。

藤沢 いやあ、男って複数の女の人を同時に同じぐらい好きになるっていうことは何の問題もありませんよ(笑)。

はあちゅう でも、やっぱり、都合がいいだけではダメだと思うんですよね……。

 

仕事の能力の高さと恋愛の能力は別物

藤沢 実際、ゆるい仕事をしている人と、バリバリのキャリアウーマンとそれぞれ付き合ってみると、前者はやっぱりずっと彼のことを考えてたりするんですよ。こちらの予定に合わせてくれるというか、仕事がゆるいから合わせられる。すごくコミットする。でも、後者は男より仕事優先じゃないですか。そうするとやっぱり恋愛では、暇でバカだけど一途な女の方が勝っちゃうことも多々ありますよね。男が女性を見るとき、ルックスの比重も大きいですけど、プラス、ホスピタリティというか、最終的には都合が良くて、楽な女の人は強いと思うんですよね。都合がいいというとなんかあれですけど、言い換えれば、心が綺麗な人ですね(笑)。

はあちゅう 私は、その100%コミットする女が勝つっていう理論には全然納得いかないですね。恋愛ってコミットしたからといって必ずしも上手くいかないじゃないですか。たとえば、バレンタインデーのチョコレートで、100%コミットの女性ならピエール・マルコリーニで買うんじゃなくて手作りなんですよ。で、「重い」ってバサッと切られて終わる。俺のことは50%くらいで見てくれっていう男性の方が多いと思います。

藤沢 それはレベルの低いところの話ですよ。たとえば、レストランの話に戻りますけど、 美味しいものを作ろうと思ったら、テクニックも必要ですが、ある程度以上のレベルの世界になると、時間をかけるか材料費をかけるしかないんですよ。手作りのチョコを渡しちゃうのは、単に下手な料理人が、材料をこねくり回しているだけなんです。

はあちゅう でも、そうやって、彼に喜んでもらうことがわかる人って、頭が良い人だと思うんですけど。情熱じゃなくて頭の良さ。時間をかければ勝つのであれば、仕事をやめて、恋愛に走った方がいいってみんな考えるわけですよね? そうならないじゃないですか。

藤沢 うーん、そうやって計算して喜ばせようとしている、というその感じもダメなんですよね。もっと簡単なことなんですよ。心がこもっていればいいです。男が仕事してたら「がんばっててスゴイね(●´∀`●)」、女と遊んでそうだったら「私、信じてるね(^▽^)/」、喧嘩したら「◯◯君に振られたら、私生きていけないよぉ(ノ_・。)」ぐらいのことを、可愛く言えばいいんですよ。

はあちゅう それって、ただのバカな女じゃないですか?

藤沢 仕事も恋愛も、やっぱり同じ能力の人同士で戦ったら、なんだかんだでどれだけ時間をかけたかで勝敗が決まっちゃうんですよね。高学歴でバリバリと仕事をしている女性に対して、恋愛で生きていこうとしている女性は、そういった男性をゲットすることに全てを賭けているわけですよ。前者が恋愛に10%くらいしかコミットしてないところを、後者は100%コミットしてるんです。

はあちゅう 後者のぽわ~んとした女性たちは、言い方は悪いですけど、前者と種類がちがうじゃないですか。だからキャリア重視の仕事ができる女性にとっての10%注力でも、そんなに変わらないですよ。使い方がちがうんですよ。

藤沢 僕は、人間ってそんなに能力は変わらないと思います。それに、勉強や仕事での能力の高さは、恋愛の能力を示すものではないんですよ。

はあちゅう 好意の示し方のベクトルが根本的にちがう人っていますよ。藤沢さんは本物のバカと接したことがないんですよ(苦笑)。

藤沢 僕は、女性が分散恋愛をするのって難しいと思っているんですよ。少なくとも、一定水準以上の男性を狙うのだったら。ひとつの恋愛の間は100%コミットして、ダメだとなったらあきらめるっていう戦略の方が優れていると僕は思います。半年くらいがんばってダメだったら、そこであきらめて、今度はまた新しい男に全部投資して、そこでこの女だなって思わせる。中途半端にエネルギーを分けないで、集中投資ですね。同時期に複数の男性に分散ではなく、毎回全部投資して、時間軸で分散する方がいいんですよ。ダメだと思って関係を切った後に、男が追いかけてきて上手くいく場合もありますし。

はあちゅう そうするとどんどん年老いちゃいませんか? 女性の方が時間の余裕がないのに。

藤沢 女性はたいへんですよね。生物学的には子供を産むのに適している時期に、就職活動をしなきゃいけないし、就職後3年くらいはぼろ雑巾のように働かなきゃいけない。そのあいだに結婚相手を探して、自分も出世しなきゃいけない。35歳になる頃には卵子が老化してる。女性の方がかなりタイトな人生のスケジュールですよね。

第3回に続く

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

はあちゅう(伊藤春香)『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ヒリヒリ感に共鳴女子続出!痛くて沁みる異色マンガ。
  • 久住昌之と土山しげるが初タッグで描く、孤独な「食」との戦い。
  • 情熱大陸で話題!プロ登山家・竹内洋岳の言葉の数々
  • 民主主義は、戦争と独裁者がお好き。
  • ――カラダ──がまるごと愛しくなる、共感必至のエッセイ集
  • 幻冬舎上半期ベストセラー
  • 中谷美紀の大人気エッセイ 一挙電子化!
  • 幻冬舎plus+
  • ママもノンママも、すべての女性を応援!!
  • 石原慎太郎が田中角栄に成り代わって書いた衝撃!
読んだら誰かと語り合いたくなる衝撃のミステリー!
ヒリヒリ感に共鳴女子続出!痛くて沁みる異色マンガ。
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!