毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.08.21

2012年8月15日

キリンチャレンジカップ 日本 VS ベネズエラ

ヤシキ ケンジ

キリンチャレンジカップ 日本 VS ベネズエラ

 サッカー日本代表 サムライブルー マッチインフォメーション

SAMURAI BLUE vs ベネズエラ
2012.8.15 札幌ドーム
 
 
 衝撃的だった。
 本田の河童みたいな髪型? ちがうちがう。青木裕子のマイクゴツンのほう。
 TBSでベネズエラ戦を観ていた方なら知っておられるだろうが、ハーフタイムのニュース時に、青木裕子アナウンサーが韓国や香港が日本の島に上陸してきたぞという、たいへん緊迫する内容のニュースを伝え終え、お辞儀からのマイクに頭ゴツン。テレビを観ていてあんなにも笑ったことは久しぶりなんじゃないかっていうくらい思いがけない不意打ちに大爆笑。いい音出てました。
 使い古された古典的なギャグでも不意を突かれると、充分に笑えるんだと再確認できました。虚を突く、緊張と緩和なんていう言葉をしみじみと噛みしめる事が出来たハーフタイムの出来事でした。
 
 ともあれ、試合自体は気分が乗らないいささか不満が残る消化不良の試合だった。つい先週まで五輪の白熱した闘いを見慣れてしまうと、まあ強化・調整試合だから仕方がないのかも知れない。
 伊野波や遠藤、香川選手はミス多発で危ないシーンや失点まで招く始末だったが、ザッケローニは出た選手たちにはほどほどに満足していたよう。
 駒野選手は昨年の韓国戦に続き、またもや札幌の地で股抜きを成功させていた。
 サイドバックは本当に人材豊富すぎ。
 そのなかでも、長友選手には目を見張るものがあった。素人目から見ても、サイドからのセンタリング精度・ドリブル突破が格段にレベルアップしている。イタリアの名門インテルでは周りにいる超一流の選手たちと質の高い練習をし、その中でスタメンを張るともなると、嫌でもレベルは上がっていくものなのだろうと思わされる。そして実は少し前から気になっていることがある。
 彼がインテルに渡り、日本代表として帰って来るじゃないですか。試合中やそうでない時の佇まいには抑えきれない貫録が漏れ出ていることである。
 あんたチョーシこいてるね、スカしてるねというレベルを遥かに超越しているような佇まいと、試合中に時折見せるイタリア語らしき口パク。夏休み明けで久しぶりに会うクラスメイトが休みの間に童貞を卒業し、すべてを悟ったように別人と化していて妙に落ち着きを払いながらクラスに帰ってきた雰囲気にも似ている。オレはもう日本人の皮被りじゃないんだぜ。イタリアのインテルに入ってズル剥けているんだぜと。
 インテルに入るまでの長友は、百姓顔で謙虚なハニカム笑顔の分かりやすい日本人的な雰囲気だったと思うが、今はちがう。パスタを生ハムで包んでワインに浸して食べて口端からパスタを数本垂らしながら「ボナセ〜ラッ!!」と両手を広げて叫んでいるような感じ。ってそんな気持ち悪い食べ方はしないだろうけど、要するにイタリア・インテル風味の伊達男(極太ズル剥け)な按配に仕上がってきているんだなと。それくらい(どれくらい?)頼りになるSBになった気がした。そして本田はロシアに抑留されて河童になって帰ってきたなと。環境は人を変えるのだなとしみじみ感じている。
 貫録、風格は別にしても海外の選手を見ていると刺青を彫っている選手をこの数年でよく見かけるようになった。お前は彫師なのかと聞きたくなるほど腕や胴体、首筋にまで彫っていたりしてイカツイにもほどがある。保守的な日本ですら刺青を多く目にする機会が増えた。EXILEや安室奈美恵のような誰でも知ってそうな人でも刺青が入ってるくらいなのだから、外国人じゃピアス開けちゃった位にカジュアルな事なのかも知れない。日本人で刺青(和彫系)を無数に入れている人を見ると、この人は本職の人なのかそれともオシャレで入れているのかどっちなんだろう? 同じ刺青でも本職とオサレな人では大きく違うのだからと勘繰ってしまう。
 日本人サッカー選手(A代表)で刺青を施しているのは知っている限りではFWの森本とDF槙野くらいしかいないと思う。
 マンチェスターUに入ったばかりの香川は幾分、目つきが鋭くなってきたような気はするが、ビッグクラブに見合う風格を纏ってくるのはこれからなのだろう。是非とも2014年のW杯の頃には、香川もプレーの面ではもちろん、見た目的にも刺青を施すとかノエル・ギャラガーみたいなモッズヘアにするとか、何かイギリス的なマンチェスターU色を存分に出していて欲しいものである。
 って、まだW杯行けるかどうか分からないけど。
 
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!