毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.10.15

『ゆるキャラのすすめ。』発売記念 
石井一久さんトークイベント
「きちんと結果を残す、無理しない生き方」

『ゆるキャラのすすめ。』発売記念 <br />石井一久さんトークイベント<br />「きちんと結果を残す、無理しない生き方」

石井一久『ゆるキャラのすすめ。』(幻冬舎)の刊行記念として、元・西武ライオンズの石井一久さんのトークイベントを行います。

昨年、22年間のプロ野球生活を引退した元投手の石井一久さん。通算182勝という立派な成績を残しながらも、その選手生活は、ストイックとは無縁のマイペースさ。それは、石井さんが、ここぞという時に結果を出すことを大事にしてきたから。誰もが、常に100%全力を出し続けるのは難しい。ふだんは“ゆるキャラ”でOK。ただし、力を出すべきときにはきちんと集中する。上手に手を抜きながら、結果を出してきた、元祖“ゆるキャラ”、石井一久が、無理をしない生き方を語ります。聞き手は、「ワールドスポーツMLB」で共演するスポーツジャーナリストの生島淳さんです。生でしか聞けない野球界の意外なウラ話も飛びだすかもしれません。ぜひ現場にお立ち合いください!


日時:11月6日(木)午後7時~
会場:西武池袋本店別館8階 池袋コミュニティ・カレッジ コミカレホール
参加チケット:1,000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910

 

石井一久(いしい・かずひさ) 
1973年9月9日、千葉県生まれ。東京学館浦安高校のエースとして注目を集める。
1991年のドラフト1位で現在の東京ヤクルトに入団。6度のリーグ優勝、5度の日本一を経験した。97年9月2日の対横浜戦ではノーヒットノーランを達成。1998年、2000年最多奪三振。2000年最優秀防御率。2002年にはロサンゼルス・ドジャースに移籍。そのごメッツへも在籍。06年に古巣のヤクルトで日本球界に復帰。その後、埼玉西武ライオンズに移籍する。2013年9月に引退。プロ22年間の通算成績は、日本で143勝103敗1セーブ、メジャーで39勝34敗。通算182勝。現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに社員として在籍しつつ、野球解説、バラエティ番組出演等で活躍。

 

司会 生島淳 (いくしま・じゅん)
1967年宮城県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業後、博報堂勤務を経て、スポーツライターへ。国内外を問わない取材、執筆活動のほか、テレビの司会、ラジオパーソナリティとしても活躍。主な著書に『箱根駅伝』(幻冬舎新書)、『箱根駅伝 勝利の方程式』(講談社+α文庫)、『駅伝がマラソンをダメにした』(光文社新書)、『スポーツを仕事にする!』(ちくまプリマー新書)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『浅田真央はメイクを変え、キムヨナは電卓をたたく フィギュアスケートの裏側』(朝日新書)など多数。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!