毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.02.08

2013年2月6日

キリンチャレンジカップ2013 vs ラトビア

ヤシキ ケンジ

キリンチャレンジカップ2013 vs ラトビア
サッカー日本代表 サムライブルー マッチインフォメーション
SAMURAI BLUE vs ラトビア
2013.2.6 ホームズスタジアム神戸
 

  昨年の11月から約2カ月ぶりの代表戦。

 代表選手たちは各々のクラブチームで勤しんでおられたと思うが、そんな期間私はというと、昨年末に『エヴァンゲリヲン新劇場版Q』を観に行った。斜め後ろに座っていた男が上映中に「綾波レイのセリフだけ小声で復唱している」のを気味悪がったり、その後帰省して田舎でのんびりと年を越そうとしていると、父親がしきりに「すべての天災は仕組まれている」との陰謀論説を年末年始にかけて説いてきたりするものだから不穏な気持ちで年を越し、気が付いたら2013年度の代表初戦を迎えた次第である。
 
 2013年ザックジャパン初陣のスタメンには海外組の選手が10人もいて、J1選手が一人もいないという布陣。海外組だからと重宝されたり、国内組との軋轢があったといわれていた時代が遠い昔のような気がしてくるとしみじみ感じてしまう。サッカー日本代表はようやくグローバル化してきたようで、そんな様子を解説の中山ゴンはどんな気持ちで見つめていたのだろうか。解説も松木ノリかと思いきや、終始真面目でもう少し弾けてくれるかと期待もしていたが少し物足りず。まだまだ解説経験では今回代表初招集の大津選手と同レベルで堅さが見え隠れしていたような気もする。
 そんなゴン中山タイプといわれている岡崎選手が2ゴール決めて結果を見れば完勝の日本代表初陣であった。
 久しぶりの代表戦でなかなか噛み合っていなかった前半序盤からでも、なんとか得点を決め、後半のいいリズムに持っていったのは今までにはあまり見られないパターンだと思う。後半になって遠藤や前田選手といった通常レギュラーが出てきてリズムが掴めたのも大きい。
 そんなテスト的(試運転)な要素が大きかった今回の試合で感じたのは、ほぼいつも通りの招集メンバーであっても、少し組み合わせを変えるとマンネリから脱出できるということ。
 人間というものはどれだけいい状態に置かれていても、マンネリ化すると変化を欲してしまうものなのだと。
 昨年の日本代表の戦績だけを見れば、まあ良かったわけなのだが、その結果を出しているメンバーにマンネリを感じてくると、見ているだけのこっち側は「他の奴も試せ! 後釜後釜!」と日本代表の将来を心配している素振りを見せながら、変化を求めうるさいものである。
 いま付き合ってる彼女で特に問題はないけれど、マンネリもしてきたし、歳も取ってきてるしそろそろ後釜を探して試しておきたい! と言ってるようにも聞こえてしまう。本音はそうかも知れないが、そんな贅沢を言ってるといまの彼女にもそっぽ向かれるよっていう話である。自分でも一体何の話をしているのか分からなくなってきた。
 ともかく、ザッケローニはメンバーの組み合わせ・ポジションの組み合わせによっては、もっと可能性のある布陣もあるのだと探しているようである。そのベストな布陣・そして試合に変化をつけられる布陣を来るべき6月のコンフェデまでに見つけておきたいのだろう。
 個人的には、いつも先発の清武のポジションに乾を置いていつも通りの布陣を見てみたい。そう思えるほど、今回の乾の動きは素晴らしかったと思える。
 まあそんな組み合わせを、あーだこーだと言うのがサッカーを見る楽しみの一つでもあるわけで。
 プレW杯の一年である今年も存分に日本代表サッカーを楽しませてもらい、あーだこーだと書きたい次第でありマス!!
 
 
※乾のトラップに痺れました!!
 
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!