毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2013.06.25

2013年6月22日

FIFA コンフェデレーションズカップ ブラジル 2013 groupA 日本 vs メキシコ

ヤシキ ケンジ

FIFA コンフェデレーションズカップ ブラジル 2013 groupA 日本 vs メキシコ

 サッカー日本代表 サムライブルー マッチインフォメーション

SAMURAI BLUE vs メキシコ
2013.6.22 Belo Horizonte
 
 
 ミステリーの世界では、いい人そうな人物こそが真犯人であるというのが定説である。
 ここ最近のザッケローニ監督のことである。
 謎めいたミステリー調の采配ばかりが目立っている。もはや金田一少年を呼んでも、解くのが困難だと思われるほどの「伊太利亜人監督 謎の連続采配事件」である。はじめちゃぁん(ともさかりえ口調)だ。懐かしい。そういえば、「ともさかりえ」って言葉を久しぶりに思いだしたなと気になり、wikipediaを見たら「一時期、健康の為に飲尿をしていた」と書いてあった……。本当にどーでもいい情報だが、気になってしまったものは、出始めた尿のごとくそう簡単に止められるものではない。「飲尿 芸能人」で検索してみると、さくらももこ、吉本ばななという二大女性作家の名前が出てきた。事実かどうかは知らないが、とにかく女性ばかり。男性はダメなのだろうか? ともさかりえも飲尿も日本代表とはまっったく関係がないし、いろいろ想像してたら気持ちが悪くなってきた。  
 
 日本代表に話しを戻しまして。最近、本田をはじめとするいろんな選手のポジティブ発言に惑わされ、日本はいつの間にか強くなっていて、世界でも通用するんじゃないかと知らない間に勘違いしていたかも知れない。
 世界を相手にするとガバガバである。DFが。入れられたい放題だった。こんな下衆極まりない表現をしなくてはならないのは、DFのせいだと思いたい。
 ちなみにイタリアも、3戦で日本の9失点に次ぐ8失点である。まあイタリアは得点を多く挙げてるわけで、失点数では1しか違わないが、イタリアは2勝で日本は3敗。
 この「1」の間には、深くて大きな溝があるんだろうなあ、きっと。などと知った風なことを書いても仕方がない。なんとかして埋めて欲しい。
 
 試合後、香川の「日本らしくしっかり負けた」という自虐たっぷりのコメントに、ハッと目が覚めた。私が日本代表のらしさを忘れかけていたからである。
 苦戦接戦は当たり前、アジア以外に勝てば照れ笑いをしてモジモジ、慣れない勝利に戸惑ってしまうのが基本姿勢。勝ち戦に慣れていない我らが日本である。なるほど、勝ち癖をつけろとは、そういうことだったのか、といま納得。
 しかし、10番を背負う者が自虐的なことを口にする事実がすごいと思う。
 聞かされるこっちはどうリアクションを取っていいのだ。
 そんな香川の発言を聞いたザッケローニはどんなことを思うのだろうか。
 ベンチを温めることが主な仕事だった選手たちは、その言葉をどんな気持ちで受け止めるのだろうか。
 けど、まあ、これが現時点での世界と比べた日本の実力なんだということは分かりました。
 今大会で当人の選手や応援するこちら側と相当落ち込んだ人たちも沢山いるだろう。
 来月には東アジア選手権が開催される。 
 ここで国内組のフレッシュな人材を見つけられたら。いまの閉塞したザックJAPANに風穴を開けるほどの戦力を見出せたら。
 新しい風が、日本代表の追い風になることを願うばかりである。
 
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!