毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.09.03

自信こそが女性を最も美しく見せるオーラになる!

最終回 自信がなくなったらビタミンNが効く

エリカ・アンギャル

最終回 自信がなくなったらビタミンNが効く

ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントを8年間務め、世界基準の美を支え続けてきたエリカ・アンギャルさんの新刊『自信という最上のドレスの手に入れ方』から抜粋してお届けした本連載も最後です。ここでご紹介したのは53の秘訣のわずか8つ。本はより具体的で深い内容になっています。ぜひお手に取っていただければうれしいです。 

自然の力でストレスホルモン値が下がる

 精神的に疲れたと感じた時、なぜだか自然に触れたいと思った経験はありませんか? 

 実はそれは気のせいではないのです。緑豊かな自然の中に身を置くだけで、リラックス効果があり、コルチゾールなどのストレスホルモン値が下がるということが100以上もの研究によって示されています。この自然がもたらす効果を欧米ではビタミンにたとえて〝ビタミンN〟(Nature=自然)と呼んでいます。実際にそのようなビタミンが存在するわけではありませんが、それほどの嬉しい効果があるのです。

 自然と健康の関係については日本で最先端の研究が行われており、森林浴が身体に及ぼす影響についても研究されています。例えば、自然の中と街の中をそれぞれ15分間歩く場合、自然の中を歩く方が、血圧、心拍数、コルチゾールの値が、いずれも顕著に低いことが分かりました。それだけでなく、副交感神経と呼ばれるアンチエイジングの神経機能が非常に活発になったそうです。

 また、女性を対象とした別の研究では、免疫系を支えるナチュラルキラー細胞の数が、森の中で数時間過ごしただけで37%も増えたという結果が出ました。近年アレルギーや自己免疫疾患が増えているのは、自然の中に存在する有益なバクテリアに触れる機会が少ないことが原因のひとつではないかと考えられているため、そういう意味でも自然に触れることがいかに大切かが分かります。

〝ビタミンN〟を摂取するのは難しいことではありません。ただ自然の中で5分間ぼけ〜っとしているだけでいいのです。幸運なことに、日本の国土は約70%が森林で覆われているので、気が向けばハイキングをしたり、自然を楽しんだりできる環境にありますよね。
本物の自然にゆっくり触れることが何より一番ですが、どうしても時間が作れないという人は、以下のことを心がけるだけで〝ビタミンN〟の摂取に繋がります。

・近所の緑地を探す(近くの公園でも大丈夫です。公園でランチを食べたり、犬の散歩、ピクニックを楽しんだりするのもいいでしょう)

・職場のデスク周りに植物を置く(デスク上に植物を置くだけで血圧が下がるといわれています。また、緑がある職場で仕事をしている人の方が、より仕事に対する充実感や意欲があり、辛抱強いだけでなく、フラストレーションや健康上の問題が少ないことが分かっています)

・ミニガーデンを作る(自宅のベランダでミニチュアの庭を作ったり、室内で植物やお花を育てるのもいいでしょう)

 生きていれば楽しいことばかりではありません。落ち込んで自信を失う時もあります。そんな時にどうすれば自分を励ましてあげられるか、その方法をたくさん知っているに越したことはありません。あなたの心を癒してくれる〝ビタミンN〟は、普段から簡単に摂取できますよね。美しい自然のパワーをもらい、上手にストレスをコントロールしましょう。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

エリカ・アンギャル『世界一の美女になるダイエット』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


エリカ・アンギャル『自信という最上のドレスの手に入れ方』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


エリカ・アンギャル『30日で生まれ変わる美女ダイエット』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


エリカ・アンギャル『世界一の美女になるダイエットバイブル』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!