毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.04.09

VOL.1

愛より刺激がほしいんだし、でも愛情もほしいんだし。

鈴木 涼美

愛より刺激がほしいんだし、でも愛情もほしいんだし。

 1月、まるっきり覚えていないけれど、私のいた大学で講師をしているという男から急に連絡がきて、「どうしても相談したいんだ」的な思いつめた内容だったので、年に数回だけ湧く善意が湧いてきて、かといって私もそこそこ忙しいので、というかそもそもものすごく面倒くさがりなので、「歩いて行けておいしいものが食べられるところなら出かけて行ってもいいかもしれない」と、上からマリコな返事をして、六本木の駅から徒歩5分くらいの場所にあるオサレイタリアン「トラットリア・イルフィーゴ・インゴルド」(嫌味に長い名前だ)に呼び出し(勿論奢られる想定。当たり前じゃ!)、話を聞いた。彼の話をものすごく噛み砕いて若干のまあまあ好意的な解釈を加え、さらに酢漬けにして1週間くらい放置すると、要はこういうことだった(だって2時間も話し続けていたんだもの)。

 今の彼女とは付き合って1年。半年くらいたったころから、なんとなく彼女が口ごもるような、言いにくそうなことがあるような、どうしたの?と聞かれたそうな顔をするようになった。彼女がしゃべりやすい雰囲気を心がけ、緊張感をほぐして、ん?どうした的な気軽な発言を頻発させ、前歯に青のりついていようとカレーの匂いが漂っていようと俺は君が好きだぜベイベー的な振る舞いを心がけていたところ、ある日セックス後のベッドで彼女が口を開いた。その内容とは、「私、ずっとOLだって言ってたけど、今は会社の派遣もやってるんだけど、実は昔ちょっとだけキャバみたいなとこで働いていてね」というなんとも面白みのない、あるあるな話ではあったのだけど、その「キャバみたいなところ」というのがミソで、言ってしまえばソフトな風俗経験者だったという。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

→鈴木涼美さんの新連載「愛と子宮が混乱中――夜のオネエサンの母娘論」はこちら

 

関連書籍

鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(amazon)


鈴木涼美『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』
書籍はこちら(amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!