毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.02.08

特集<気持ちのいいことが、好き。>

植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
最終回 ぼくたちはとことん遊び尽くしたい

湯山 玲子/植島 啓司

植島啓司×湯山玲子対談<br />「“官能”と“快楽”の回路を開くために」<br />最終回 ぼくたちはとことん遊び尽くしたい<br />

前回の記事:第4回 男と女もっとベタベタしよう!
 

性的な適齢期が20歳ずれてきた

植島 最近、若い女の子よりも30代から40代の女性のほうが魅力的になってきてると思う。AKBみたいなのはあるけれど、あれはイロモノだから。普通に女性として見るんだったら、やっぱり30代から40代の女性っていうのは、人生でもっとも魅力的な時期になってきてる。

湯山 セックスレスの現状をどのメディアよりも詳しく追い、性感マッサージなどの現実的な対処法を説いたりしている『婦人公論』の好調な売れ行きですからね。熟女ブームのデータ的な裏付けは、コンビニの棚ですよ。コンビニの棚にエロ本が、昔は、クリームレモン系だったんだけど、いまはそこのほとんどが熟女ものですよ。あそこって競争社会だから、売れてるものがあるわけ。そこでも熟女。

植島 需要があるっていうことだね。

湯山 AVもね、昔は変態扱いされた50歳、60歳の女優ものが普通にありますよね。マーケットがそれを言ってるっていうことは、みなさんそういうふうになったんじゃないですかね。

植島 20歳ぐらい性的適齢期が後ろにずれてる。

湯山 そうそう。

植島 昔は10代後半から20代半ばぐらいまでが適齢期って言われたのが、いま、30代後半から40代前半ぐらいが適齢期。それは素晴らしくいいことだけど、ただ子どもを産みたいとかあると、ちょっとむずかしい。

湯山 子作りのセックスを考えると、ですね。結婚のパートナーをじっくり選びたいとなると、どうしても時期を逃してしまう。婚姻制度前提の出産、子育てだとどう考えても、少子化は避けられない。もっと選択肢を増やさないと。少子化を憂えるんだったら、やっぱり緩やかに、シングルマザーで婚姻制度を選びたい人は選べばいいし、そうじゃなければってことだけど、全然そこ行かないものね。

植島 そういう多様性っていうかね。

湯山 多様性ないね。

植島 ないからね。いや、でも、お互いに何か似たような本書きましたね(笑)。

湯山 担当編集者が一緒だからね。竹村さんがそういう人なんだよ。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!