毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.01.19

特集<気持ちのいいことが、好き。>

植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
第2回 気持ちのいいことになぜ、罪悪感を抱くのか?

植島 啓司/湯山 玲子

植島啓司×湯山玲子対談<br />「“官能”と“快楽”の回路を開くために」<br />第2回 気持ちのいいことになぜ、罪悪感を抱くのか?

前回の記事:第1回 頭の中にたくさんの小部屋をつくる人生の極意
 

教養のないセックスはつまらない

植島 『快楽上等!』の中で、IT企業とかに勤めている情報優先の男性たちは、圧倒的に文化的な教養が足りないって書いてましたね。

湯山 足りないです。

植島 いいこと言うなと思って。彼らまともに本なんか読んでないんですよ。

湯山 読んでも、ビジネス書だけ。

植島 それでいて偉そうなこと書くし、誰かが異議申し立てしたらいいと思っていたから、湯山さんの「教養が足りない」の一言は気持ちよかった。

湯山 私、文化系の人間じゃないですか、一応ね。寿司とクラシックだから(笑)。それで言うと、やっぱりパトロネージの問題って大きくて、昔は財閥も企業も、お金を、クラシックだったり、お能、狂言だったり、社会還元として芸術に投資してたの。茶道具もそうだよね。だけど、いまのIT企業の社長って、パトロン先ががJポップ。楽屋で一緒にミュージシャンと写真撮って、ブログにアップして喜んでる。

植島 スタンダードがないわけね。

湯山 昔がいいとばかりは言えないんだけど、功成り名を遂げた権力の先には、もう一つの文化という権力が立っていて、そこでの勝負に持ち込むからこそ、千利休なんかが出てくるわけですよ。私は、教養がこの閉塞的な管理社会を出し抜く一個の大きい武器になると思ってるわけです。

植島 セックスもその中の一つで、教養の裏打ちがあっていろんなこと知ってるっていうのがやっぱり大切だと思う。たくさん知っているから、お互いの人間関係が豊かになるっていうことがある。そういう意味での知識の集積みたいなものが日本人には足りないところがあるかなって。

湯山 ほんとそうですね。

植島 ダンスとか音楽とかの素養があるとパーティーでもパッと誘える。僕は、ダンスのようなものが大好きなんだけど、日本人がいちばん苦手なのかもしれないね。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!