SIphotography/iStock

「30代、スイーツ店勤務、キラキラ女子」という設定で、フェイスブック上で知り合った見知らぬ中高年のおじさまたちと日々コメントを交わし、時にキュンキュンさせ、時に揺さぶりをかけている64歳の母前回記事「フェイスブックの恐怖! その美女、私の母かもしれません」)は、薔薇の花束写真への反響にすっかり味をしめ、写真使いが過激化してゆく。

 ある日は、ネットで見つけたショートボブの女の子の“後ろ姿”を無言で掲載し、人々が勝手に『髪型新しくしたんだ!』『かわいい♡』『似合ってるね』と勘違いするに任せ、またある日は、私がLINEで送った六本木の夜景写真を無断転載して、

『ちょっと東京へ…。六本木の街もどんどん変化していきますね』

 おいおーーーい! 六本木って、生涯で2回ぐらいしか足踏み入れてないじゃろが!

 しかし、おじさまたちはすっかり喜び、東京在住の男からは『ぜひお茶したい(*´ω`)』とコメントが届き、そして母は『ウフフフ、いい街ね』とあしらっていくのだった。

 ある休日は、ボサノヴァのCDと、来客用にしまい込んであるウエッジウッドのティーカップ、白いレースのランチョンマットを組み合わせて、

『休日の午後はボッサノーヴァでお紅茶。みなさま素敵なアフタヌーンを♡』

 ボッサノーヴァでアッフタヌーン、まあ素敵♡ だったら良いのだが、現実の母は、休日の午後になると勢い勇んでパチンコ屋へ乗り込んでゆく。ネットで「CR大海物語」のリーチ動画を見たり、車で「CRぱちんこ必殺仕事人」のテーマ曲を大音量で聞いたりして気分を高めているありさまなので、もうちょっと趣味を文化的に軌道修正してもらいたくて、いつだかプレゼントしたCDだったのだが、まさかこんな活用法があったとは!

 しかも母、フェイスブックの他人にはわからないはずだが、CDと紅茶の入ったカップをなぜか寝床の上に並べていた。背景にごちゃごちゃした余計なものが写らないよう、室内で右往左往して場所を探したのだろう。なんだか高級感あるペイズリー柄の布がちょっぴり写り込んでいるが、娘の私には、それが母の愛用する「西川の羽毛布団」だとはっきりわかるのだった……。

『姫、さすがオシャレですねヽ(o’▽`o)ノ』『趣味も素敵ですね (^_^)♪』『いいですね。クラシックもお好きそう。お聞きになりますか?』

 断じてお聞きになりませーん! 姫は今日もCRぱちんこ必殺仕事人。写真は決して、真実を写してはいないのであった。

右眼の写真を大量アップ!“つげ義春”な世界に、おじさま懸命のフォロー

 その朝は、驚愕と恐怖のあまりiPhoneを滑り落としそうになった。なにがあったのか、母が自分の目のアップ写真を超大量に連投しているのだ。パッチリとまつ毛を持ち上げて、紫のアイシャドウが輝く右眼のアップに『新しいアイメイク試してみました♡』、お次はちょっと寄り気味の右眼のアップに『新しいアイメイク試してみました♡』、そして微妙に白眼むいてる右眼に『新しいアイメイク試してみました♡』、白眼、白眼、白眼、同じ白眼4枚と『新しいアイメイク試してみました♡』。

 め、目がーーー! 目がーーーっ! タイムラインは母の右眼で埋め尽くされ、そこはかとなく、つげ義春的世界観を醸し出している。何度も撮り直してすべて誤爆してしまったのか、ネットの接続が不安定な時に投稿ボタンを連打してしまったのか、はたまた目ぐらいなら実物でもいけると判断したのか。なんだかよくわからないが、突然の右眼大量投下事件の勃発に、母を慕うおじさまたちは引いて……しまわず、懸命のフォローにまわっていた。

『もうっ、びっくりさせるんだから~ヽ(゚Д゚;)ノ!! 姫ってオチャメな人だね(*´ω`)o』『誤爆? でも美人からアリ!』『目も綺麗だけど、もっと引いて顔全体を見たいなあ』

 決して見てはならぬ! 結局、母がどういうつもりだったのかは不明なままだが、その日、LINEで新しく買ったマスカラの写真が送信されてきた。まつ毛がスッと長くなるからお薦めだと言う。フェイスブックの母の右眼を再確認する――同じマスカラを買ってしまった。

ミルクピッチャーに真実、写り込む!…これは見落としてくれた模様

 その日は肝を冷やすような写真が投稿されていた。新しくできたカフェでスイーツを食べたらしく、苺タルトの写真がアップされているのだが、よーく写真を見ると、テーブルの上に並ぶステンレス製のミルクピッチャーの表面に、湾曲した母の姿が写り込んでいるのである!

 かざしたiPhoneでなんとか顔が半分隠れており、光の屈折ではっきりとはわからないものの、マダム風パーマネントに、老眼鏡。そして、どうしてそんな服を着て行ってしまったのか、胸元はヘビの模様だ。“ヘビ革模様”じゃない。うねうねした大蛇が宝石に絡みついているというド派手さなのである。こ、これは、30代キラキラ女子とはかけ離れすぎている……!

 薔薇の本数を数えたおじさまなら、気が付いてしまうのではないか。もし指摘されたらどう言い訳すればいい? 『母のお古です♡』か? 『80年代の古着が好きなんです♡』と言えばいいか。登美丘高校のバブリーダンスが流行ったからなんとかなるだろう。

 いや、私はなにを慌てているのだ。大丈夫じゃないか。これは私が「母という真実」を知っているからだ。ヘビ模様の服も実物を見ているし、眼鏡が老眼鏡なのも娘だからわかること。すっかり「30代キラキラ女子」と思い込んでいるおじさまたちなら、ミルクピッチャーの湾曲した姿を見つけても、きっとさらに想像を湾曲させてしまうに違いない。

怒りで母のキャラが激変!だが、おじさまたちも“不届き者”に一斉に喝!!

 その日以来、ミルクピッチャーでなにかがバレるのではないかと気が気でなく、コメントを注視していたが、特になにも起きなかった。やはり真実は湾曲されたまま通用してしまうのだ。だが、私からは見えないところで面倒なことが起きていたらしい。突然、母が怒りの投稿をぶっ込んだのだ。

『最近、メッセンジャーでHな関係を迫る不届き者がいる!! ブロックさせてもらったが、まさか他にもHなことを考えている者はおりますまいな!? 地獄の釜の蓋が閉まらんうちに、早く行きな!!』

 どんだけしつこいメールが来たのか知らないけど、おかあさん、それ、キャラ変わってるよ……。

 明らかに『必殺仕事人』の中村主水が入ってるし。この投稿には、忍者村で買った模造刀の写真が添えられていた。なぜ母はそんなものを買ったのか、趣味が本当によくわからないが、よっぽど腹が立っていたらしく、抜刀して、西川羽毛布団の上に転がっていた。

 当然、Hなことも含めて母に想いを寄せていたに違いないおじさまたちは、一斉に怯えて母に同調し、「不届き者」に向かって罵声を浴びせているのだった。

 母のあまりに自由すぎるがゆえの引力と統制力、そしてそこに引き込まれてゆくおじさまたち。決して全容を見ることはできないからこそ、好きなだけ想像力がはたらき、どう見てもオカシイ部分をも懸命に補ってゆく――。そう、欲しいものは真実ではなく、幻想なのだ! 母はすっかり、ネットアイドルなのだった。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定