photo iStock/chinaview

 2000年の歴史を持つ中国伝統医学では「食こそ薬」、食材のすべてに薬効があると考えます。年齢、体の状態や体質、季節、病気の種類によって、何をどう食べたらよいのか、何を食べないほうがよいのかをアレンジするのが「薬膳」。
「難しそう」「面倒くさそう」と思うかもしれませんが、実は、薬膳は、スーパーやコンビニで売っているありふれた食材で、簡単に始められます。
 56歳、不健康のきわみだった男性が、半信半疑で薬膳生活を始めたら、心と体にどんな変化が起きたのでしょうか?
 阪口珠未さんの新刊『老いない体をつくる中国医学入門――決め手は五臓の「腎」の力』からご紹介します。

(記事の終わりには試食つき刊行記念イベントのご案内があります)

野菜は嫌い、酢の物も果物も食べられなかったのが…

 加藤さんは、私がコンサルティングをさせていただいているフードサービス会社の統括マネージャーで、56歳です。

 初めてお会いしたのは5年前。スタッフのみなさんと焼き肉を食べに行ったときには、肉をほかの人のために焼くばっかりで自分はほとんど食べない、顔色の悪い男性という印象でした。

 そんな彼が、今は薬膳を毎日食べるのが当たり前という生活になったそうです。
 なぜ薬膳を始めたのか、それにより心身にどんな変化が起きたのかについて、お話ししてもらいました。

――5年前は、どんな生活でした?

 1日にアイスコーヒーなら2リットルぐらいは飲んでいました。タバコは1日20本。野菜は嫌いでほとんど食べない。酢の物も果物もNG。食べる芋類はフライドポテトだけでした。

――なぜ薬膳をとり入れることにしたんですか?

 会社で阪口先生の薬膳をとり入れることになり、販売企画室で試作調理を任されていたから、レシピを現場向けに試作して、試食をしないといけなくなったんです。でも薬膳なんて、まずいんちゃうのと思ってました。

――まずかったですか?

 ところが、実際食べてみたら、案外いけるやんと思った。長芋のフライドポテトとか、黒ゴマでケーキを作るとか、僕が思っている薬膳のイメージと違っていた。
 それで、家に本を持って帰って、「会社で薬膳やってるねん」って奥さんに話したら、家でもやってみようかということになって、家で作ってくれるようになりました。
 夏だとウリ科やナス科の、薬膳でよく登場する食材が出てきました。「うわー食べられるかな」と思いましたが、出されたものを残すとケンカになるから、最初は仕方なく食べていたら、だんだん慣れてきて、まんざらでもないなという感じになりました。

――2年半ぐらいたった頃に、タバコを止めましたよね?

 頭痛と歯痛があって、ほぼ毎日鎮痛剤を飲んでいたから、タバコを止めてみようと思い立ちました。
 口が寂しいので、食事に野菜が出てきても、残さずに食べるようになりました。そしたら、今まで毎日1袋食べていたスナック菓子も自然に食べなくなった。タバコとコーヒーを減らしたら太ってきたので、ジムに通い始めて、ときどき汗を流すようにもなりました。

――ここ1年ぐらいで変化はありましたか?

 阪口さんにすすめられてもどうしても苦手だったドライフルーツやレーズンが、不思議とおいしく感じられるようになってきました。果物や酢の物も今は食べますね。梅干しと納豆以外は、何でも食べられるようになったことに、自分でもびっくりしています。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

阪口珠未『老いない体をつくる中国医学入門―決め手は五臓の「腎」の力』

肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)の五臓で人間の体を捉える中国伝統医学。中でもとくに重要なのが「腎」。中国医学の「腎」は、腎臓だけでなく、生殖・成長の働きも含み、生命の素となるエネルギー=腎精(じんせい)を蓄えています。腎の衰えは性欲・やる気の低下として現れるだけでなく、脳の働きも左右します。年齢と共に減る腎精をどう目減りさせずに長持ちさせるか? 決め手になるのが「食こそ薬」と考える食養生法です。「毎日一握りのナッツを」「肉は骨つき・皮つきが基本」「食べても消化できなければ毒になる」等、2000年の歴史が証明する究極のアンチエイジングを、やさしく紹介。

幻冬舎plusで立ち読み・買う