©yanmiao/iStock

 中国の伝統医学では、人間の体を肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)の五臓で捉えます。中でもとくに重要なのが「腎」。2000年前に書かれた中国医学の教科書でも、人生のステージが腎のリズムで決まっている様子が書かれています。
「腎」とは一体何で、その力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?
『老いない体をつくる中国医学入門――決め手は五臓の「腎」の力』の著者・阪口珠未さんが解説します。

(記事の終わりには試食つき刊行記念イベントのご案内があります)

「腎」は「若さの素」のバッテリー電池

「五臓」は、エネルギー(気)、栄養(血)、体液(水)、エネルギーのエッセンス(精)を作り出す活動を行います。また「五臓」は、臓器そのものだけでなく、臓器の働きも含んでいます。西洋医学でいう臓器と同じ名称を使いますが、意味や働きは少し異なるものと考えるとよいでしょう。

 五臓はすべて大切な臓器ですが、中国医学の理論の中で、とくに老化と関係の深い臓器が「腎」です。

 西洋医学では、腎臓は、血液を濾過(ろか)して老廃物や塩分を尿として体の外へ追い出し、体に必要なものは再吸収して体内に留める働きをしています。また、体液量の調節なども行っています。

 中国医学では、このような水の代謝に関わる働きのほかに、独特の重要な役割があります。それは、先天的なエネルギーを蓄えている臓器ということです。いわば生命エネルギー=若さの素のバッテリー電池というところでしょう。

 腎は「先天の本」と言われます。人間は腎という臓器に先天的なエネルギーを持って生まれ、そのエネルギーを日々使いながら生き、成長、成熟、老化のプロセスを経て、腎のエネルギーがゼロになったときに死が訪れます。

 腎に蓄えられているエネルギー、エッセンスのことを「腎精」と呼びます。腎精は、食事や生活の不摂生によって消耗しますし、加齢によっても減っていきます。腎精の量は、生まれながらの腎の強さによる個人差がありますが、それ以上に、食事や生活の摂生により、目減りしていく腎精をチャージしていけるかどうかが、体を若々しく保つ決め手にな
ります。

「腎精」という言葉は耳慣れなくても、「精がつく」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。「精がつく」という言い方は、もともと中国医学の用語である「腎精がつく」が短くなったもの。ですので、すっぽん、うなぎ、山芋、牡蠣など、現在私たちが、「精がつく食材」と言っているものは、「腎精」をチャージするものがほとんどなのです。そう思うと、「腎精」もぐっと身近にイメージできるのではないでしょうか。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

阪口珠未『老いない体をつくる中国医学入門―決め手は五臓の「腎」の力』

肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)の五臓で人間の体を捉える中国伝統医学。中でもとくに重要なのが「腎」。中国医学の「腎」は、腎臓だけでなく、生殖・成長の働きも含み、生命の素となるエネルギー=腎精(じんせい)を蓄えています。腎の衰えは性欲・やる気の低下として現れるだけでなく、脳の働きも左右します。年齢と共に減る腎精をどう目減りさせずに長持ちさせるか? 決め手になるのが「食こそ薬」と考える食養生法です。「毎日一握りのナッツを」「肉は骨つき・皮つきが基本」「食べても消化できなければ毒になる」等、2000年の歴史が証明する究極のアンチエイジングを、やさしく紹介。

幻冬舎plusで立ち読み・買う