250万部のベストセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)をはじめ、『小論文これだけ!』(東洋経済新報社)、『ホンモノの文章力』(集英社新書)など著書多数、「小論文の神様」樋口裕一氏による、50名限定ビジネスマンのための文章力ゼミを開講します。
仕事で使える文章に必要なのは「語彙力・作文力・読解力」。
本講座では、各テーマに沿って、樋口先生が考案した問題を出題します。楽しく頭の体操をしているうちに、自然と文章力が身につく充実の内容です。

講座内容

第1回 語彙力養成 
文末のバリエーション、正しい言葉の選び方、簡潔に文章をまとめるコツなど……。
下記のような問題を解きながら、ふと気づくと語彙力が身についている90分。

たとえば……

◇次の文の下線部を別の言葉で言い換えてください。
 この仕事を成功させるには、社長の理解をまず得なくてはならない。
→この仕事を成功させるには、社長の理解が(  )だ。

 

第2回 作文力養成 ※添削あり
いい文章には必ず「型」があります。やみくもに書きはじめる前に、必ず押さえておきたいポイントを解説。
樋口先生の添削が受けられる、600字作文の宿題もあります。

たとえば……
◇文章を書くには、「型」が大事である
◇A型・B型・C型 それぞれの解説 
◇具体例の示し方
◇「そもそも」三段論法
◇「その結果」三段論法
◇リアリティを出すテクニック

 

第3回 読解力養成
企画書のタイトルをつける、プレゼンの要点をまとめる、大量の資料を早く読みたいなど……。仕事をスムーズに進めるために必要不可欠である「読解力」を身につけるコツを解説します。

たとえば……
◇正確に読み取るテクニック
◇タイトルをつける
要約する
◇飛ばし読みのテクニック

さらに、3回講座の最後には、樋口先生直伝<悪魔の文章術>もお教えします!!

<悪魔の文章術>とは……
脅したり、おだてたり、泣き落としをしたりして、相手に言うことを聞かせるテクニック
◇10万円の借金を依頼するメール
◇「おれの彼女から手を引け」というメール
様々なシチュエーションの文章を書くことで、想像力・交渉術も身につきます。

セミナー概要

<日時>
第1回 1月18日(金)19時~20時30分(開場18時30分)
第2回 2月18日(月)19時~20時30分(開場18時30分)
第3回 3月18日(月)19時~20時30分(開場18時30分)

<会場>
幻冬舎1号館セミナールーム
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
(東京メトロ副都心線「北参道」から徒歩1分
 またはJR・都営地下鉄線「代々木」から徒歩7分)
※会場には駐車場・ 駐輪場がありません。公共交通機関をご利用ください。

<参加費>
3回講座料金 15,000円(税抜き) ※1回あたり5,000円

<定員>
50名 ※お申し込み順とさせていただきます。

講師プロフィール

樋口裕一(ひぐち・ゆういち)

1951年大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程満期退学。フランス文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、受験小論文指導の第一人者として活躍。現在、多摩大学名誉教授、東進ハイスクール客員講師。通信添削による作文・小論文の専門塾「白藍塾」塾長。250万部の大ベストセラーとなった『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP研究所)のほか、『頭がよくなるクラシック』『頭がいい人の聞く技術』『65歳何もしない勇気』(幻冬舎)など、著書多数。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定