恥を忍んで勝負に勝つというのは駄目なんだろうか?

*   *   *

 フェアプレーポイントというのは、いつの間にかあったのだろうか。

 このW杯からなのかも知れないが、そんなよく分からないルールに狙いをつけてリアリスティックな試合運びで日本はベスト16進出を決めた。

 勝ってるときはいじらずに。の鉄則を破り6人もスタメンを入れ替えた時点でなにやら嫌な予感はしていた。
 負けている試合で時間稼ぎをする日本の姿に憤りを感じたサポーターからは大ブーイング。1-0で勝っているポーランドまでブーイングのとばっちりを喰らっていた。
 しかし、最後はコロンビアとセネガルの試合の結果に委ね他力本願で、試合には負けたが勝負には勝った西野JAPAN。

 この試合は恥さらしだとか揶揄されているらしいが、恥を忍んで勝負に勝つというのは駄目なんだろうか?
 この精神性こそが日本が世界のサッカーと比べて足りないと言われてきた「ずる賢さ」の一端なのではないだろうか。

 試合中こそ、不甲斐ない戦い方に、しこたま酒を飲んでいた私は散々テレビに向かって罵倒していたが、素面で考え直してみると、もう1試合見れるのだし悪いことではないと思い直した。
 やはりアルコールが入っていると、熱くなって冷静な判断はできませんな。

 そもそも西野JAPANは大会前から散々自国民からも叩かれてきたので、批判には慣れている。それが今度は世界中から叩かれて勝ち進む日本。
 ここ二試合ほどでいい試合をやって手の平返しで賞賛を浴びたりしたものだから、ここらで再び叩かれるくらいでちょうど好いのである。

「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。しかしW杯は結果が大事で、僕らは予選通過が目的だった」

 試合後、ホンダケイスケはそう言っていたが、負けている試合で時間稼ぎをしなくてはならないという不本意なプレーに徹する選手の悔しさがにじみ出るパス回し、セネガルが追いついてしまったら……というベンチも含めた心理戦の緊張感。

 思えば一戦目のコロンビアは、ものすごい運を味方につけて大金星。
 二戦目では、二度のビハインドに喰らいつき好試合を繰り広げる。
 三戦目では、フェアプレーとは程遠い逃げ腰をかましながらフェアプレールールに準じてのグループリーグ突破。
 どの試合も見る者の予想の斜め上をいく試合を繰り広げてきている西野JAPANは、間違いなくエンターテイメント性あふれるチームなのだ。

 いい試合をしたかと思えば、逃げ腰になったりと安定したチームとは程遠い変幻自在なまま進出したトーナメント一回戦ではまたしてもご縁のあるベルギーと対戦するわけだが、これも我々凡人が予想をすると、まあ勝てないと思うのが順当であろうか。

 しかし、この西野監督ならばなにかをやってくれそうな気がする。それとも、やらかしてしまうのかも知れない怖さもある。
 それがまたしても大金星なのか、はたまた予想を遥かに超えた糞塩試合なのか、それはもうまるで予想もつかない。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定