窪美澄さん『じっと手を見る』がこのたび、第159回直木賞の候補作となりました。発表は、7月18日です。

富士山の見える小さな町で始まった恋の行く末を、介護士として働く日奈、海斗、畑中、そして東京のデザイナー宮澤という4人の視点で描いた『じっと手を見る』。

窪美澄さんはインタビューのなかで、この小説の舞台を「テラリウムのような」と表現されました。

「壜の中の植物が、水をあげなくても空気中の水分で育っている。閉じているけれど豊かで静かできれい。そういうものを書きたかった」と。

そんな『じっと手を見る』の世界を、4人の人物と7つの言葉で表現してみました。(『小説幻冬』2018年5月号より転載)

発表までまだ時間があります。ぜひ作品をお手にとってみてください。(編集担当)

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定