幻冬舎文庫の6月の新刊は、時代小説に旅エッセイにミステリーに……とジャンルもバラエティー豊かに展開。
6月8日発売です。

時代小説文庫

『孫連れ侍裏稼業 脱藩』
鳥羽 亮

伊丹茂兵衛が引き受けた裏の仕事は、秘剣を操る辻斬りの始末。折しも突如やってきた国元の亀沢藩士が驚くべき事実を口にした――。敵を追う茂兵衛と松之助に新たな局面。怒濤の第三弾!

『怪盗鼠推参 二』
稲葉 稔

女将のお滝が作る賄いの美味さに、小さな米問屋熊野屋に居ついてしまった百地市郎太。ある日、大店に賊が押し入り大金を奪い皆殺しにする事件が起きる。先祖伝来の鉄拳で悪党成敗を目論むが。

『遠山金四郎が咆える』
小杉健治

江戸所払いの刑を受けた罪人たちが、江戸の町に潜伏しているらしい。北町奉行遠山景元、通称金四郎は探索をする中で、大鳥玄蕃という謎の儒学者の存在を知る。男の正体とは? シリーズ第三弾。

『若旦那隠密3 哀しい仇討ち』
佐々木裕一

将軍家の密偵としての顔を持つ大店の若旦那藤次郎が抜け荷の疑いをかけられ、小伝馬町の牢屋敷に送られた。噂は瞬く間に町を駆け巡り……。江戸の風情と人の情愛が胸に迫るシリーズ第三弾。

『お悦さん 大江戸女医なぞとき譚』
和田はつ子

出産が命がけだった江戸時代、妊婦と赤子を一流の医術で救う女医・お悦。彼女が世話をしていた臨月の妊婦が骸になって見つかった。真相を探るうちに大奥を揺るがす策謀に辿り着いてしまう。

『能舞台の赤光 多田文治郎推理帖』
鳴神響一

公儀目付役・稲生正英から大大名の催す祝儀能への同道を乞われた多田文治郎。幽玄の舞台に胸躍らせるが、晴れの舞台で彼が見たものとはいったい……? 瞠目の時代ミステリ、第二弾!

旅のエッセイ、ミステリー、キャラクターノベル、その他エッセイ

『人生がおもしろくなる! ぶらりバスの旅』
イシコ

バス旅の醍醐味は、安いこと、楽なこと、時間を味わえること。マレーシアで体験した大揺れの阿鼻叫喚バスから、高速バスでの日本縦断挑戦まで、笑いあり、切なさありの魅惑のバス旅エッセイ。

『旅作家が本気で選ぶ! 週末島旅』
小林 希

砂漠島では地球の孔トレッキング、パワースポット島では樹齢1200年の大楠の下で妖精に出会い、シャーマンがいる島では降霊体験――!? ガイドブックに載っていない珍体験ができる10の島。

『あっぱれ日本旅! 世界一、スピリチュアルな国をめぐる』
たかのてるこ

65ヵ国を旅するてるこ、脱OLして日本旅へ。高野山の美坊主とプチ修行。アイヌとまんぷく儀式。沖縄最強ユタのお告げに目からウロコ……。離島めぐりで心をフルチャージ! 無双の爆笑紀行。

『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』
宮崎智之

どうにもしっくりこない人がいる。スーツ姿にリュックで出社するあの人、職場でノンアルコールビールを飲むあの人……。新旧の常識が混ざる時代の「ふつう」とは? 今を生き抜くための必読書。

『HELL 女王暗殺』
浦賀和宏

母が殺害された。謎の数字と、自らが本当の親ではないことを言い遺して。自分が知る世界は何だったのか? 謎(★正字)の先にあったのは、巨大な陰謀だった。驚天動地のポリティカル・ミステリー!

『捌き屋 盟友』
浜田文人

企業間に起きた問題を、裏で解決する鶴谷康。不動産大手の東和地所から西新宿の土地売買を巡るトラブル処理を頼まれる。背後に蠢く怪しい影に鶴谷は命を狙われるが――。シリーズ新章開幕。

『片想い探偵 追掛日菜子』
辻堂ゆめ

追掛日菜子は、好きな相手の情報を調べ上げ追っかける超ストーキング体質。事件に巻き込まれた好きな人を救うため、そのスキルを駆使して解決するが――。前代未聞の女子高生探偵、降臨。

『青山5丁目レンタル畑』
白石まみ

ようやく希望が叶い、企画部に異動が決まった美菜子。しかし勤務先は畑、しかも共に畑を運営する区役所職員の河田は神経質で無愛想この上ない。都会の畑で始まる不器用な恋の行方。

『統合失調症がやってきた』
松本ハウス

ハウス加賀谷は、松本キックという相方を得て、病と闘いながらもお笑いの世界で活躍する。しかし、活躍と反比例するように、症状は悪化、コンビは活動を休止した。復活までの軌跡を綴る。

『相方は、統合失調症』
松本ハウス

病による活動休止から10年を経て復帰した松本ハウス。しかし、かつてできたことができず、コンビはぎくしゃくしていく。 相方 への想いが胸を打つ感動ノンフィクション。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定