いよいよ、飛ぶスイングを手に入れる!

 今回も、「いかにして飛ばすか」の続編である。

 これまではスウィングを変えずに飛ばす方法をお伝えしてきたが、今回はいよいよ副作用が大きいスウィングについて考察し、“飛ばしシリーズ”をいったん終息したい。

 ゴルフは道具を使ってボールを飛ばすスポーツである。そのため、物理的・力学的にうまく道具を使えば、効率的にエネルギーをHS(ヘッドスピード)に転化できるから、筋力がそれほど強くなくても飛ばせる可能性は残っている。

 では、効率的にエネルギーをHSに転化できるスウィングには、どのようなポイントがあるのだろうか?

「HSを上げる」ということは、「ヘッドがインパクトエリアに到達するときにHSを最大にする」ということだ。テイクバック~トップ~ダウンスウィング~インパクトの間に、体をどう使い、道具(ドライバー)をどう使うかということになる。

 そして、ここでのポイントは、極論すれば「遠回りで上げて、近回りで下ろす」ということに尽きる。

 つまり、テイクバックではできるだけ大きな円を描くように上げていき、トップで切り返したら、できるだけ小さな円を描くようにダウンスウィングをするということだ。

 この際、上げるときの円と下ろすときの円の大きさにギャップがあるほどHSは上がり、より飛ぶはずだ

 

 

 これは俗に“タメ”と言われているものであるが、そこには物理的な理由がちゃんとある。

 フィギュアスケートのスピンをイメージするとわかりやすい。大きく腕を広げて回転を始め、腕をたたんで引きつけると回転が急激に高速になるのを見たことがあるだろう。

 つまり、手が回転軸から遠くにあると回転は遅く、近くなると高速になるわけだ。

 ゴルフスウィングの場合、切り返し~ダウンスウィング~インパクトにおいて回転を速くすれば、HSが上がって飛ばすことができる。

 切り返し後は手を体に引きつけ、ヘッドを遠回りさせず小さな円を描くように、コックのリリースをできるだけ遅らせることで、円を小さく=回転を高速にしてヘッドを加速させ、飛距離を伸ばせるのである。

 テイクバックで大きな円を描くように上げるのは、肩をしっかり回せて、体重を右足にしっかり乗せる効果があるので、これも飛距離アップにつながる。

 さらに、テイクバックでは右足にしっかり乗り込み、ダウンスウィングでは左足にしっかり乗り込むようにして重心移動を大きく使うことで、テイクバックとダウンスウィングの円の大きさのギャップは大きくなり、さらに飛ぶ。

 このことから、“究極の飛ぶスウィング”は一本足打法になる。しかしこれでは、HSは間違いなく上がるものの、ナイスショットをするのはかなり難しくなる。

 

グリップを左ももに引きつける動きがスピードを生む

 テイクバックで「できるだけ大きな円を描くように上げたほうが飛ぶ」となると、いつも推奨しているコンパクトなトップではなく、フライングエルボーのトップや、手の位置が体から遠いハイトップのほうが飛距離は出るということになる。

 大きなトップから、切り返しと同時に右ひじを体に引きつけ、左腕を体に巻きつけるようなイメージでダウンスウィングをすれば、描く円の大きさのギャップは大きくなるからである。

 もちろん、それだけ大きなアクションを入れるため、芯に正確に当てる確率は落ちるのだが、うまく当てれば飛ぶ。

 ダウンスウィングに関しては以前、「右肩の上から左内ももの前へ、斧を振り下ろすような動き」だと述べた。

 ここでは斧ではなく日本刀を持っているとして、前に巻きワラの棒が立っていたら、どうやって斬るだろうか?

 王貞治選手が日本刀で巻きワラを斬る練習をしていたことが有名だが、右利きの人なら右上から左下へ向かって斜めに、日本刀の刃を自分のほうへ引くようにして斬るのではないだろうか?

 

グリップが左ももの前へ、グッと引きつけられている

 

 なぜなら、これがもっとも力が入りやすく、もっとも速いスピードで振り下ろせるからである。

 これを体得した王選手が世界のホームラン王となった事実を見れば、この動きが飛ばしに適していることは疑いようもないだろう。

 ゴルフのダウンスウィングでも同じように振ると、円が小さくなってスピードが出るのだが、このような振り方はアウトサイドインのカット軌道になってしまうと感じるかもしれない。

 カット軌道で振るとスライスボールになってしまうから、当初に述べた、目指すべき中弾道のドローボールではなくなってしまう。

 では、どうすればいいのか?

 スライスにならないようにするには、巻きワラが正面ではなく、右側面に立っているとイメージすればいい。

 トップで肩は約90度右へ回転しているから、胸が右側(目標と反対方向)を向いている。

 切り返して下半身はいち早くダウンスウィングを始めても、上半身はまだ右側を向いたままガマンしておいて、右側に立っている巻きワラをスパッと斬るように、腕を振り下ろして左ももに引きつける。そうすればカット軌道ではなく、インサイドインもしくはインサイドアウト気味の軌道になるはずだ。

 このように、手(グリップ)を自分の体の近く、左内もものほうに引きつける動きが力の入る、スピードの出る動きであり、飛ばしに効果がある。

 上体が右向きに回ってトップに至る寸前に下半身が左向きにダウンスウィングを始めることで、その一瞬に下半身と上半身のねじれが大きくなり、これも回転スピードを上げる効果が大きい。

「バックスウィングに、究極的なトップ・オブ・スウィングというものはない。クラブが通常トップ・オブ・スウィングといわれるところへ達するまでに、すでにダウンスウィングは始まっているのだ」

 ベン・ホーガンの名言は、この部分の動きを指している。

 

ハンドファースト気味のインパクトを心がけよう

 さて、このようにグリップを体の近くへ引きつけてくると、そのままではヘッドが振り遅れ、インパクトでフェースが開いてしまいそうだ。しかし本来、フェースはスクエアにボールを捉えなくてはならない。

 それを実現するには、左肩・左腰・左ひざが左へ回転してしまうのをインパクトのタイミングで止めて、ヘッドが下りてくるのを待つ必要がある。

 あるいは、もっと積極的には意識的にコックをリリースすることが必要で、これをやらないと単なる振り遅れのプッシュスライスとなってしまう。

 多くの初心者がスライスに悩む原因は、グリップを引きつけるように振ると力が入りやすいのだが、このインパクト前後で左サイドを止めることをしない(できない)ので、そのまま振り遅れてしまい、インパクトでフェースが開いてしまうことにあるのだ。

 飛ばすためには、コスらないようにボールをヒットしなくてはならない。それには、インパクト前後で体の左サイドを止める意識は重要なファクターとなるので、ぜひとも忘れないでいただきたい。

 ダウンスウィングでアゴを右肩のほうへ引く「頸反射」を使うと、腕が引きつけられて足が伸びるという身体運動機能がある。

 これを使えば、「ダウンスウィングで上体を右向きに残し、インパクト近くで左サイドが伸び気味になって回転を止め、ヘッドが追いつき追い越すのを待つ」という動きを実現しやすいだろう。

 またインパクトでは、手がボール位置よりも少しだけ前に出てハンドファーストにすることも飛距離アップにつながる

 ほうきで掃くときと同じで、手元側が前に出ていると、力を先端に効率的に伝えられるということを物理学者が言っている。飛ばすにはハンドファースト気味なインパクトが有利なのである。

 雑誌の解説などでは「アッパーブローが飛ぶ」などと書かれているが、アッパーに振ると逆にハンドレイトになりやすいから、飛ばしにはむしろマイナスだ。気持ち的にはダウンブロー気味に振るほうがいいようだ。

 飛ばすスウィングをすれば、インパクト後のフォロースルーも目標方向に大きく振り出されるはずだ。大きなフォローは飛距離が出ると言われているが、飛ばすスウィングをすると結果的にフォローが大きくなるのであって、原因と結果の因果関係が逆なのである。

 以上が飛ばしのためのスウィングのエッセンスであるが、これがスムースにできるようになれば、たしかに飛距離は伸びると思う。

 しかし、飛ばすスウィングは劇薬で、芯に当たる確率が下がるという副作用も強い。

 何事もやりすぎは禁物というもので、飛ばすスウィングの理論は知りつつも、オーバーアクションにならないように自重し、飛びと正確さの兼ね合いがうまくとれる範囲で試すことをおすすめしたい。

 

今回のまとめ

1. 飛ばすには遠回りで上げて、切り返しで腕を引きつけ、近回りで下ろす

2. 上半身を右向きに保ったままアゴを右肩のほうへ引き、グリップを左内ももに一気に引きつけるようにダウンスウィングする

3. その後は左サイドを止める意識で、ヘッドが追いつき追い越すのを待ち、インパクトでは、ややハンドファーストにボールを捉える

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

平林孝一『1日1分! かんたん! 100を切る! 体幹ゴルフ入門』

レッスン歴40年のプロが教える、正しい体の使い方。
体の動かし方を変えるだけで飛距離10ヤードUP! -5打への近道は「体幹」にあった!
自宅にいながらすぐに実感できる35の極意・21のエクササイズを、豊富なイラストとともに解説。

北見けんいち・金谷多一郎『ナイスショットはリズムが9割!』

『釣りバカ日誌』でおなじみ北見けんいちさんのマンガと、金谷多一郎プロのロジカルでやさしい解説。
ティーショットやパターの極意、ミスしたときの気持ちの整え方まで、充実の22レッスンを収録。これを読めば、あなたも明日からシングルになれるかも?