1. Home
  2. 暮らし術
  3. ホロスコープ歳時記
  4. 【東洋二十四節気 星占い6月5日~】「芒...

ホロスコープ歳時記

2024.06.05 公開 ツイート

【東洋二十四節気 星占い6月5日~】「芒種」の時期の運勢 小池雅章(青山五行)

四季折々の暮らしに欠かせない歳時記。昔から伝わる、季節の行事にあわせた暮らし方には日々の健康や開運・幸せになる知恵がたくさんつまっています。

そしてこれはあまり知られていないことですが、歳時記のもととなる二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行には密接な関係があるのです。

本連載では、6月5日から始まる「芒種」の時期の過ごし方について、12星座を前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」でアドバイスします。

 

*   *   *

初候 6月5日~9日        蟷螂生(かまきり しょうず)

次候 6月10日~15日    腐草為蛍(くされたるくさ ほたるとなる)

末候 6月16日~20日    梅子黄(うめのみ きばむ)

太陽が双子座15度に進み東洋二十四節気では「芒種」となります。東洋暦ではここからが6月、月の干支は「庚午」(かのえうま)で、午は夏の盛りを表しますので、まさに暦の上では盛夏となってゆきます。

 

しかしながら、この時期は夏の前の「梅雨」の期間となり、太陽の黄経が80度の日が入梅です。黄経80度とは牡羊座0度から数えて80度のことですから、双子座20度に太陽がやってきた日が入梅で、2024年は6月10日であります。

 

そして「入梅」があれば「出梅」もなければと言うことで、多くの暦編者が色々と考え、甲乙の年は何日間、丙丁の年は何日間などと決めたようですが、特にこれと言ったものは決まらずに、ほぼ2~3週間の期間になっているようです。勿論、現在は気象庁の発表によって入梅も梅雨明けも決まるので、科学的ではありますが、少しばかり風情にかけるところも否めないようです。

梅雨雲の うぐひす鳴けり こゑひそか

梅雨くらし 狐の提灯 昼ともり

 

双方とも水原秋櫻子の句であります。

「梅に鶯」というように、梅の花が咲く頃に鳴きはじめた鶯も、この頃になると疲れるのやら飽くのやら、または時にあらずと声をひそめるのか、約4ヶ月もホケキョと鳴いているのでは声も出しにくくなるのでしょう。

 

そして、梅雨寒や梅雨暗しといった時節の中で、すずらんを大きくしたような形の、銀欄の花の白さが幻想的な雨の日。情熱が内に内にこもってゆくような湿り気をたっぷりと含んだ風情がある頃です。

春から高まってきた胸の思いを、さらに凝縮させるこの時、まさに盛夏に向けた情熱の揺籃期なのでしょう。

二十四節気星占いでみる、6月5日~6月20日の運勢

 

牡羊座前半生まれ=春分生まれ

多くのものに興味が湧いてくる期間となります。言い換えれば好奇心、探求心旺盛と言ったところです。何かを学び始めたり、資格取得を目指したりするには非常に良きタイミングですから、是非とも実行に移すことをお勧めいたします。10日あたりからは消費傾向が高まります。欲しい物も出てくるようですが、ここでは物質的なものよりも、無形の知識と言ったものにお金を使う方が有益となるようです。また、周囲との絆も強まって行く時であります。

 

牡羊座後半生まれ=清明生まれ

現在、取り掛かっているものがあれば10日前には仕上げてしまう方が良いでしょう。それまではとてもパワフルな時期となるからです。普段以上に力が出る時なので、一気に行ける可能性が高まるのです。6日の新月では、新たなものに関して大きく興味が湧く時ですから、それを追求して行くことが利益に繋がりそうであります。特に芸術や創作活動にも良き時で、あなた本来の創造性が大いに発揮されることでしょう。

 

牡牛座前半生まれ=穀雨生まれ

金運が高まって行く数ヶ月に入りました。基本的には嬉しいことですが、これは出るのも入るのも額が大きくなってゆくという暗示ですから、管理をしっかりとしなければなりません。また10日頃からは行動力も高まって、これまで以上の活躍が期待できます。こちらも具体的に目標を掲げてゆかないと、徒労となってしまう可能性がありますので、全てに現実的、具体的に進んでゆくことが求められます。

 

牡牛座後半生まれ=立夏生まれ

金運が非常に高まる時であります。特に6日の新月あたりから、あなたの視点も経済と言ったものに絞られてゆく暗示が高まります。もちろん、何もしないでお金が天から降ってくるわけではありませんから、何らかの行動計画は必要となります。正統的な手段が似合うあなたですが、奇抜で個性を活かしたことも良い、そんな時期でもありますので、普段とは少しばかり違った角度から考えてみることも有効なようです。ここでは周囲の常識論よりも、あなたの意見を優先して吉です。

 

双子座前半生まれ=小満生まれ

運気盛大な時となってきました。つまりあなたの可能性が大きく開かれて行く時期になったのです。多くのビジョンがあなたの前に提示されるようですが、早めに目標を決めて絞り込んでゆかないと、どれも手をつけられずに終ってしまいます。この期間は半年くらいです。長いようで短いといった好運気、迷った時は大きな夢を選ぶことも成功の条件となります。まさにやりがいや苦労のし甲斐がある時の始まりなのです。大きな波がやってきています。

 

双子座後半生まれ=芒種生まれ

あなたに大きな魅力と活動力が宿る時です。あなたの誕生日期間と言うことは、運気の変わり目でもあります。特に6日の新月あたりから、あなたには人を惹きつける魅力が備わってきますので、自信を持っての行動が有効です。この期間にいろいろなことに着手するのも良いでしょう。仕事においても人間関係においても、先に繋がってゆく関係を作るチャンスであります。さらに10日頃からは、頭脳の冴えも一段と素晴らしくなるでしょう。

 

蟹座前半生まれ=夏至生まれ

心の中で大きくビジョンが膨らんで行く時のようです。形を持たなかったものが徐々に見えて来ます。10日頃からは人付き合いが忙しくなってくるようですので、そのつもりで行動計画をたてて行きましょう。ここでは周囲との関係が大きく日常に影響をしてきます。あなたを支えてくれている人を特に大事にしましょう。考えれば思いつくはずです。親しい人というよりあなたを陰で支える人、応援してくれる人は誰か、良く考えて見ましょう。

 

蟹座後半生まれ=小暑生まれ

6日の新月は心の中に新たなビジョンが生まれるような時となります。今後の発展の為にこれを検討するのは、有益であると思います。しっかりと具現化することを考えてみましょう。10日頃からは周囲の状況も落ち着きを見せ始め、じっくりと何かに打ち込んでゆける環境となって行きます。人間関係もなかなか安定している時ですから、仕事や協力関係においては信頼と言った絆が強くなります。それによって自信もついてきて、安定した時が流れてゆくでしょう。

 

獅子座前半生まれ=大暑生まれ

社会的な人間関係が大きく広がってゆく期間に入りました。仕事関係も同様で、多くの人と接する時間が増えて行くことになります。特にあなたにとっては一対多数でも、相手にとっては一対一の関係であることを念頭においてゆきましょう。一人ひとりを大切にすることが何よりの人付き合いの基本であります。10日頃からはあなたの評価が高まる傾向ですが、高慢にならず、謙虚な姿勢で行くことでさらに評価は向上いたします。

 

獅子座後半生まれ=立秋生まれ

6日の新月は、あなたにとっては新たな人間関係が形成される暗示となります。これは、今後、とても有益な関係となる可能性がありますので、大事に育んでゆきましょう。10日頃からは状況が安定に向かいますから、仕事やプライベートも安定傾向となりそうです。これまで何となくせかされていた状況が落ち着きを見せて、じっくりと物事に取り組んでゆける環境となります。あなたの評価も安定したものとなって行くでしょう。

 

乙女座前半生まれ=処暑生まれ

ここからのテーマは社会的な成功や評価ということになってきます。これは今後数ヶ月以上続くテーマですので、あなたの公的な面での努力が必要となります。そして色々なものにではなく、的を絞って挑戦することが有効であります。あちこちに手を出すと収拾がつかなくなる恐れがあるのです。10日頃からは自信と意欲も出てまいりますので、進展も加速してゆくでしょう。周囲とのバランスを調整しながら行くことも忘れずに。気遣いこそあなたの大きな長所であります。

 

乙女座後半生まれ=白露生まれ

新たなステータスに挑んだりするのにも良きタイミングとなります。特に6日の新月時などは素晴らしいスタートをきれそうな時です。これまで不安定だった人間関係にも方向性が見えてきて、多くの協力者にも恵まれそうです。スタンドプレーなどは避けて、周囲との協調路線で歩めば問題はないでしょう。大きな目標を目指して何かを始める、立ち上げるには絶好の期間となっております。いっぽう対人関係では、相手の厳しい意見に従っても良いかもしれません。

 

天秤座前半生まれ=秋分生まれ

自信と楽しいことに溢れる時です。ここでは少し不可能かな、と思うことに挑戦しても良いようです。相当な幸運が舞い込む期間なので、大きく運気が味方をしてくれるはずです。滅多にない好運気ですから、このチャンスを逃しては勿体ないと思います。具体的にというよりは全般に関して良く、強いてあげれば恋愛には最高で、これまで不首尾に終った関係にも復活の可能性が潜みます。現在の関係が良い方には、さらなる強い絆が生まれそうです。

 

天秤座後半生まれ=寒露生まれ

新たな自信が生成されます。特に6日の新月は心がリフレッシュされる時ですから、人生に新風が吹き始めるようです。直ぐに効果は出ないかもしれませんが、ここで目指した方向には間違いはないはずです。ただ、しばしの辛抱も必要となりそうです。今は仕事の環境にも厳しいものがありますが、視点を変えてみると新たな発展に繋がりそうな案も出る時です。そして10日あたりからは、人間関係の重圧も霧散して行く傾向となります。

 

蠍座前半生まれ=霜降生まれ

この期間のテーマは対人関係、パートナーシップということになります。この傾向は特に10日あたりから強まります。相手の強硬な態度や強さに、柔軟に対応して行くことが必要となります。これさえ上手く行けば、大きな協力や助力を得られるようになるでしょう。加えてこの期間は、家族や身内的存在の人との協調も大事です。ここからの協力も心強い力となりますので、和を心がけましょう。大きな経済効果も生まれる可能性が高いのです。

 

蠍座後半生まれ=立冬生まれ

新たな協力体制を作ってゆくことが必要な時となります。ここで生まれた関係性は、あなたにとっては大きなメリットを生むという暗示なのです。ただ楽しいことも多い時ですが、それには相応の代償も必要で、楽しんだらそれに応じた出費も覚悟しないといけないようです。楽しさにかまけて度を越すと後悔しそうです。相手の気儘さを非難するよりも、そのような人に近づかないことが先決です。あなたの立ち位置をしっかりと守って行きましょう。

 

射手座前半生まれ=小雪生まれ

対人関係、パートナーシップが急速に賑やかな時となります。この関係が多くの利益を生み出すことも暗示されるので、目の前の人すべてに、心をこめた言動が重要です。一方で10日頃からは仕事も忙しくなります。一度は過ぎ去った多忙さが違う形で戻ってきそうなのです。いったん納めたものの修正や追加なども考えられますから、受け入れ態勢もきちんと整えておくことが必要となります。それでも、このようなことが大きな利益に繋がってゆく暗示となっているのです。

 

射手座後半生まれ=大雪生まれ

6日の新月は、新たなパートナーシップの生まれる時となりそうです。ここでの出会いや関係性は、あなたにとっては大きなメリットのあるものとなりますので、大切に育ててゆきましょう。勿論これまでの関係が深化するという暗示でもあります。仕事に関しては長期的なルーチンはまだまだ継続しています。引き続きしっかりとこなしてゆく以外にはありません。そのような日常が、自信と実績を生むということを忘れずに励んで行きましょう。

 

山羊座前半生まれ=冬至生まれ

仕事と経済、この双方が素晴らしいバランスを見せて行きますので、仕事の発展がそのままインカムに繋がる期間です。ここは仕事に全力を費やす時であります。また10日頃からは情熱も高まり、仕事にもプライベートにも積極的に挑戦する時となります。もちろん恋愛運も高揚しますので、恋に仕事に大活躍のようです。特に仕事に関しては一度、挑戦して不首尾に終った案件に再挑戦も良い時です。復活と言った暗示が強くなっていますので、もう一度のチャレンジも可能なようです。

 

山羊座後半生まれ=小寒生まれ

新たな任務やプロジェクトの始まりの時となります。6日の新月がそれらを強く暗示していますので、新月前後にそのような話が出たら乗るべきです。ここからさらなる上のキャリアに挑戦することが、幸運の基盤となるのです。今すぐの効果よりも少し先を見ての施策がよろしいと思います。少なくとも数ヶ月単位の考え方で行きましょう。ここでは綿密な思考も出来ますので、現実に沿った日々の計画をたてるのも良いかと思います。実際的、打算的にまいりましょう。

 

水瓶座前半生まれ=大寒生まれ

運気は隆盛を迎えました。これまでに比べると数倍のエネルギーに満ち溢れている時です。何事にも恐れずに挑戦してみましょう。そして10日頃からはご自身の立脚点ということを考える時に入ります。やみくもに進むよりも、ご自分の立ち位置をしっかりと築いた上での前進が有効となります。物事が大きく変容してゆく時期でもありますから、変化ということを恐れずにまいりましょう。本当の強さとは、固執ではなくて変化に上手く対応することであります。

 

水瓶座後半生まれ=立春生まれ

楽しい時が始まります。6日の新月はあなたにとっては新たな楽しみが生まれると言った暗示を持ちます。新しい興味の対象から恋愛まで、心が惹かれるものがいろいろと現れるでしょう。しかし、楽しんでばかりでは出費も大いにかさんでしまいそうなので、お金とのバランスを考えながらが必要となります。あまり真剣に考えても良くないのですが、やみくもに使ってしまうのはさらに良くありません。現実と楽しみ、上手くバランスをとって行くことが大切な期間です。

 

魚座前半生まれ=雨水生まれ

家の中のこと、人からは見えないところで幸運が生まれる暗示が強まる期間となります。楽しいことはご自身の内に秘めておくことが正解で、人に喧伝する必要はありません。個人の充実を味わう時のようです。10日あたりからは考え方にも現実性が加わり、葛藤もありますが、その中から良きアイディアも浮かんできます。ここではよく吟味して、行動は7月頃から開始が良いでしょう。この期間は、いわば熟慮の時であります。色々とシミュレーションしてみることが有効です。

 

魚座後半生まれ=啓蟄生まれ

住まいや居場所に関して新風が吹き込むようです。6日の新月はあなたにとっては居場所を表すところで形成されます。新たな住環境への関心などが高まる時ですから改築や引越し、新築と言った住まいのこと全般に関して考えてみましょう。ここでの考えはなかなか有効なものなので、今すぐではなくとも後々、結果が出てくるはずです。特にネットなどから収集した情報も有益です。広範な基礎知識を得ることが出来るでしょう。

 

青山五行の創始者 小池雅章先生に人生相談をいたしませんか?

恋愛・結婚、仕事やこれからの生き方についてなど、、ジャンルは問いません。
ホロスコープから見る運気の流れをもとに、あなたの悩みにお答えいただきます。

相談はこちらのgoogleフォームからご応募ください。

 

※二十四節気占いについて

二十四節気の区切りは、生まれ年によって若干異なる場合があります。
境目の生まれの方で、自分がどちらかわからないという方は、support@gentosha.jpへ
件名に【ホロスコープ歳時記】/メール本文に、生年月日・生まれた時間(なるべく正確に)と出生地をご記入の上、メールでお問い合わせ下さい。

{ この記事をシェアする }

ホロスコープ歳時記

「春分」や「寒露」など、手帳やカレンダーなどでもよく目にする東洋二十四節気と、星占いをつかさどるホロスコープの運行は、まったく別のもののように思われていますが、実は同じサイクルで動いています。

西洋と東洋の占いをくみあわせた「青山五行」の創始者である著者が、星占いをさらに前半・後半にわけた「東洋二十四節気星占い」によって、季節ごとの運勢を占います。

バックナンバー

小池雅章(青山五行) 占術家 「青山五行」創始者

世界各国の占術の研究を重ね「易」「四柱推命」「西洋占星術」などを複合的に組み合わせた独自の占術「青山五行」の創始者。
全国から鑑定予約殺到。これまで23500人を幸せに導いてきた、人気占い師。
twitterでの毎日の星占いが「当たる!」と評判に。@vinokoike
公式サイトではもっと詳しい星の動きを毎日更新しています。
https://www.aoyama-gogyo.com/

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP